Dip佐山の建築日記の記事一覧

2018.02.14

DIP OPEN HOUSE 益子の、桜がみえる家 2/24sat /25sun

寒い日が続きます。みなさんのお住まいの街では雪の影響はいかがでしたか?DIPのアトリエがあるエリアは坂が多いので雪が降ると車を見なくなります。それもキレイな風景です。

雪かぶりの木々。 事務所から見た風景。

 

 

 

 

 

 

益子の家について・・

 

益子の見学会を行う住宅には、リビングの目の前に大きな桜の木があります。満開に咲くタイミングは他の桜の木よりも遅いそうですが今年からは完成した家から見えるので窓を開けてお花見ができますね。

桜の木に面した和室のマド。

 

 

 

 

栃木県内にはご自分の家で薪ストーブをお使いの方が沢山いらっしゃいますが今回の益子の家には「暖炉」があります。バブル経済華やかな頃は暖炉も取り入れるRCの住宅もありましたが、今回は木造で暖炉です。薪ストーブですとストーブのデザインが前面に出ますが暖炉のインテリアは一言でいうと「自由」です。荘厳にも華やかにもシックにもできるのデザイナーと施主の思想が家の雰囲気を決めますね。また、日本のように四季がある中でも(夏でも)暖炉は違和感なく室内に存在します。まさに家の資産です。実物の存在感を是非感じてみてください。

木造の暖炉は防火上の観点からも設置難易度が高いのです。今回も前回のエタノール暖炉につづいて(株)尾島リビングさんに依頼いたしました。暖炉・薪ストーブの専門業者は県内外にありますが、私が一番信頼できるファイヤーライフのプロです。尾島社長とは20数年来、ことあるごとに色々教えて頂いているのでした。

 

 

トイレ内カウンター

写真にあるカウンターはどんな種類の樹種かお判りですか?集成材であることは見て取れると思いますが、単価が高いのでなかなか使いきれない素材です。

 

 

 

 

登り梁の勾配天井です。この梁にも間接照明が仕込んであったり、火打ち材にも同じく照明が組み込んであります。正面の窓は吹き抜けのハイサイライトですが、小さい窓でも設置する位置で採光と解放感は十分期待できます。分かりづらいですが桜の木の伸びやかな枝が窓越しに見えますね。

 

 

[open the door]     kakusi tobira

 

 

扉の向こうには、また想像できない素敵な空間が・・・・

 

 

 

 

 

 

確かに、清楚な洋館にも見えますし、イギリスの一軒家で100年後も継がれる家のようにも見えるでしょう。ロケーションもヨーロッパの田舎のようにも感じられるかもしれません。見る人によって感性への響き方が大きく変わる家です。

 

2018.02.02

DIP OPEN HOUSE 栃木県 益子町にて

矢羽の明暗がきれいです。イギリス映画のワンシーンだね、と言われました。

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。DIPの佐山です。

栃木県にお住まいであれば一度は益子町に行かれたことがあると思います。春と秋の陶器市には人々が往来できないくらいの混沌とした街になりますが、普段のなんでもない日常の益子は物寂しくもあり、反して作陶や芸術に静かに溶け込むことができる環境ですね。  私は平日の誰も歩いていない城内坂近辺でカレーを食べるのが好きです。

op塗り扉と真鍮の握り玉

 

 

 

2月24日、25日に益子町で見学会を行います。この建築日記の中で何度か書いておりますが、私が空間やデザインを創る上で大切にしている要素は、「光」と「素材」と「プロポーション」です。今回の益子の家はそれぞれの要素を備えておりますが、特に人間の視覚や触覚への素材感が強く表現されています。濃灰色~黒という色を様々な素材で造りこんでいるのも特徴です。木部への塗装艶あり、艶消し、半磁器タイル、煉瓦、目地材、スチールアイアン、特殊左官塗材(モールテックス)等々。そのような地色に真鍮の金やクリスタルや琥珀が静かに華を添えている空気感ですね・・。

濃灰煉瓦。

 

 

 

industrial design  インダストリアル デザイン

も建築やインテリアの業界では様々な解釈をされますが、今回は産業革命時に鉄鋼が製品つくりの中心にあった時代のように、鉄と煉瓦、無垢の木と鉄、というような無機質と有機質がバランスよく混在したインテリアデザインです。シンプルで恒久的なデザインワードが幾つか存在するのも見どころです。

 

 

 

桟敷状の廊下

 

 

 

折り上げ天井

 

 

 

シンメトリーに片流れのファサード。 外観の一部。

 

 

建て主の方が既にお引越し、お住まいになられておりますので是非ご予約をお願い致します。多くの人数が入れないのと、良質な住宅を創りたいお客様へゆっくりとしたご説明もさせて頂きたいと思っておりますので、ご希望日時をDIPまでご連絡ください。受付TEL:028-624-5700。webサイトからもご予約できます。

わたくし佐山も当日はおります。皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

2017.11.09

愛する家族と、家について ・ 住宅見学会のご案内

 

 

 

 

 

高根沢町に竣工いたしました住宅にて見学会を開催させていただきます。建築主である中島様には厚いご厚意をいただきまして感謝の気持ちが絶えません。今回の住宅の思想(コンセプト)であり見どころは100年住宅です。孫の世代まで健全に建物が存していること。そして、家族がここで過ごす時間の経過にも家の空間が対応できること。

長い年月、建物が健全であるにはメンテナンスが最少であること、構造が安定していること、などの工夫がしてあります。ご家族みなさんの生活年齢の変化には、可変できる間仕切りや、分散型の収納、居室の多様性などで対応し、エネルギー面では再生可能エネルギーも活用しています。ここまではハード面での特徴ですが、最もご説明したい事は、愛する奥様の為にご主人が、愛しいお子さんの為、ご夫婦が、そして頑張るご主人の為に奥様が、それぞれにハッピーな気持ちになれるようにプランを創り上げていったことです。家族みんなが大好きなことをできて幸せを感じられる家。   中島様、奥様とも沢山の長い時間をかけて設計できたことはとても有意義な時間でした。

文章や写真では説明しずらいのですが、よろしければ是非、現地でlittle happinessを感じてみてください。

 

 

 

 

 

 

設計時のスタディー模型

 

 

 

 

 

2017.09.18

素材探求の旅  the tokyo Ueno

国立西洋美術館

 

 

 

丸の内や青山や渋谷や表参道に降り立つ時よりも、上野駅周辺に居ると気持ちが落ちくのは何故だろう?と想いつつ雨の西洋美術館へ。このところ作品つくりでは様々なデザインを思考しておりましたので頭をリセットするために近代建築にしてみました。

19世紀ホールの吹き抜け

 

 

 

メインホールであるのに外光が入ってくるこの19世紀ホールは、自然光と照明で明るさを調整しています。日や天気によって、空間の明るさも見え方も違うので感性が揺らぎますね。

19世紀ホールのスロープ

 

 

 

スロープによって目線の高さも少しづづ変わり、同じ空間の見え方も変化してゆきます。

 

スティール手摺のデザイン。シンプルでいい感じ。

 

 

 

 

 

 

実物の建築の中で設計者の展示会というのも少しもやもや感があったもののコルビュジエの企画展があったのでお邪魔してみました。

青焼き図面

 

 

 

3人のサイン

 

西洋美術館の歴史やデザイン系譜などは知識として持っていたので、ビビッとくる展示は無かったのですが小さいスペースに図面やエスキスの展示があるなかで、前川、坂倉、吉阪、のサインには感動しました。

 

 

中庭  新館より

 

 

 

 

 

 

 
新館より中庭を見るとカフェの照明が綺麗ですね。疲れた眼を癒してくれます。広い中庭は美しい。

 

 

 

 

アルチンボルド展をやっていました。メディアで紹介されていたので10分ほどで観てきました。それよりも西洋美術館のサインロゴがシンプルでいい感じですね。2枚の写真ともアルチンボルドの作品とサインロゴのバランスがセンス良いなっと思いました。 ボルド展はお子様受けがよいかもしれませんので是非どうぞ。確か間もなく終了です。

 

 

上野から渋谷へ。デザイン中案件のチェックにセンター街へ移動。デジタルサイネージのクオリティー確認でした。上野-渋谷は街の温度差がだいぶありますがそれが東京の魅力なんでしょうね。素材探求の旅は続きます・・・。

デジタルサイネージ

 

 

 

2017.09.02

竹 と 城嶋くん

城嶋くんとトキオのもう一人

 

 
少し前に日テレ系 「ザ!鉄腕!DASH!!」 の番組内で孟宗竹の特集がありました。私は竹は様々な形で建築に使用していますが、DIPにて設計デザインした「森の見える家」が孟宗竹を使った建築として紹介されました。

 

 

 

 

竹を切る城嶋くん

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関アプローチ。通り抜け空間。  「森の見える家」

 

 

 

ピロティー式のガレージ。  「森の見える家」

 

 

 

孟宗竹によるルーバー。  「森の見える家」

 

 

 

竹を植樹として庭や目隠しに使うのはとても素敵ですね。風に揺れる竹笹の揺らぎと影。そしてサラサラという笹音が風情を感じます。しかし、竹の生育の特性を理解して使わないと実は長く同じ場所にはとどまってくれません。ヒューム管や防根シートでカバーしても数年後には別なところに生えてきます。理由はあるのです。  しかし、竹ルーバーであればその心配もありません。オリジナリティーと素材の経年変化を「粋」として感じていただければ日本人にあった素材だと思っています。

 

森の見える家 のオーナー様はそんな感性を持ったご夫妻です。
この家で使用した孟宗竹は国内でも有名な若山農場からいれてもらいました。先代の方と打ち合わせして竹についていろいろ教えていただきました。不老竹という竹も開発されていたそうです。
現在、デザイン設計中の作品でも竹を使う予定です。  わたしは建築家として設計・デザインするときに常に思考していることがあります。それは、

 

「アイデンティティーのある建築を創るには 素材 と 光 と プロポーションが大切」
ということです。

 

巷で目にする黒い金属製外壁にシダーの木板を張ったデザインも見方を変えれば 「自己性」なのかしら?と時々耳にいたしますが・・・

若山農場の竹林。

 

 

 

 

CALENDAR

2018年2月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Life and Story 二世帯バリアフリーリフォーム 家族の夢へと踏み出す「住まいの設計提案」 外構デザイン PDFカタログ「DIP通信」無料ダウンロード 旧ブログ過去記事

【対応エリア】
栃木県(宇都宮、佐野、小山等)
栃木県外でもご相談ください。

RSSフィード
ページトップへ