DIP OPEN HOUSE  煉瓦と黒とGardenがある家 | DIP建築都市設計事務所の建築日記

2018.04.24

DIP OPEN HOUSE  煉瓦と黒とGardenがある家

 

 

 

鹿沼市上野町にて新しい住宅作品の見学会を開催いたします。今回はフッ素塗装のガルバリウムを外壁材に使用しています。光が射す加減で艶やかにも艶消しにも見える質感をご覧ください。漆黒に相性が良い煉瓦色のテッセラの焼き物や、割肌とコーピンの大谷石を配しています。

 

 

 

見学会の段階では外構工事中ですが外壁材に合わせ造る塀も素敵だと思っています。こちらは竣工写真で後程ご覧ください。内部もこだわった素材が各所に使っておりますが、この作品で特に配慮したことは経年しても外装が綺麗であること。色褪せや汚れ劣化がなく、上品な美しさがずっと保たれることでした。予約制ですのでメールまたはお電話でお申込みください。今回は一日三組ほどの限定ご案内になる予定です。お会いできることを楽しみにしております。

 

 

 

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DIPトップページへ