竹 と 城嶋くん | DIP建築都市設計事務所の建築日記

2017.09.02

竹 と 城嶋くん

城嶋くんとトキオのもう一人

 

 
少し前に日テレ系 「ザ!鉄腕!DASH!!」 の番組内で孟宗竹の特集がありました。私は竹は様々な形で建築に使用していますが、DIPにて設計デザインした「森の見える家」が孟宗竹を使った建築として紹介されました。

 

 

 

 

竹を切る城嶋くん

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関アプローチ。通り抜け空間。  「森の見える家」

 

 

 

ピロティー式のガレージ。  「森の見える家」

 

 

 

孟宗竹によるルーバー。  「森の見える家」

 

 

 

竹を植樹として庭や目隠しに使うのはとても素敵ですね。風に揺れる竹笹の揺らぎと影。そしてサラサラという笹音が風情を感じます。しかし、竹の生育の特性を理解して使わないと実は長く同じ場所にはとどまってくれません。ヒューム管や防根シートでカバーしても数年後には別なところに生えてきます。理由はあるのです。  しかし、竹ルーバーであればその心配もありません。オリジナリティーと素材の経年変化を「粋」として感じていただければ日本人にあった素材だと思っています。

 

森の見える家 のオーナー様はそんな感性を持ったご夫妻です。
この家で使用した孟宗竹は国内でも有名な若山農場からいれてもらいました。先代の方と打ち合わせして竹についていろいろ教えていただきました。不老竹という竹も開発されていたそうです。
現在、デザイン設計中の作品でも竹を使う予定です。  わたしは建築家として設計・デザインするときに常に思考していることがあります。それは、

 

「アイデンティティーのある建築を創るには 素材 と 光 と プロポーションが大切」
ということです。

 

巷で目にする黒い金属製外壁にシダーの木板を張ったデザインも見方を変えれば 「自己性」なのかしら?と時々耳にいたしますが・・・

若山農場の竹林。

 

 

 

 

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DIPトップページへ