DIPの佐山です。
2017.05.02

MOON CHAIR

 

 

 

設計させていただきましたお客様のご自宅に、先日お伺いした際に置かれていました椅子です。

椅子=家具なんですがこの作品は東京藝術大学のTAKURO・FUKUDA氏が卒展の作品として

制作された一品です。  もともと広いリビングなのですが、違和感なく配置されており、最初から計画されて

いたかのようなこのMOON CHAIRとリビングライブラリーの空間が素敵でした。

本当に座れるのだそうです。

個人的には、作品も素晴らしいのですが、素材がシナベニアを使われていたのが柔らかさと洗練さを

醸し出していていい感じでした。これがチークの突板などでできていたらいかにもプロっぽくて

キュートさがなくなってしまうかもしれないですね。フレッシュな感じや最初に考えた思想(コンセプト)は

大切です。

先生と奥様がこの椅子に座っている姿はよいポートレイトになりそうだなぁと想いながらご自宅を後にいたしました。

 

 

 

 

 

 

2017.04.27

ジェームズタレル ト クマサン

旅の続き。

南魚沼市から十日町市へ。越後妻有トリエンナーレの作品が点在する町に

タレルの作品があります。光の館。

東北の震災の直後、計画停電で照明や電化製品、日々の生活や仕事と

電力とのかかわり方に関心がもたれた事は皆さんも記憶に残っているとことと思います。

その頃、私は谷﨑潤一郎の「陰翳礼讃」を読み、偶然にもこのタレルの作品を雑誌で目に

しました。タレルの作品は直島の地中美術館や家プロジェクトの南寺で体感してきましたが

ようやく新潟へ行くことができました。

来館者は誰もいなくスタッフの方に説明を受けながら作品をゆっくり観賞できました。

天井を見上げながら思い起こされたのは計画停電の時に工夫して使用したキャンドルや

節電、電気のありがたさ、そして災害にあわれた方々のことでした。設計デザインする中で自然光のあつかいは大切ですね。

天井が閉じている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半分開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全開口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲がながれて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井が閉まりはじめる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


十日町を離れ新潟県内の隈さん作品巡礼。

陽の楽屋

 

 

 

アオーレ長岡

 

 

 

谷口先生とはまったく違う建築。隈さんは偉くなっても小さい店舗やテナントも手を抜かずちゃんとデザインするのが好きです。以前、品川のPIGMENT(ピグモン)に画材を買いに行きましたがインテリアよかった。

 

 

 

2017.04.25

里山へ・・・

里山十帖に行ってきました。

雑誌「自遊人」を時々読んでいたのと、「予約が取れない宿」というフレーズから、一度伺ってみたいと思っていたので。

 

 

古民家を改装しているようには思えないディテールが秀逸。

古材・イームズ椅子・照明がバランスよく配置されています。

 

 

グレアレスダウンライトの廊下も照明として綺麗。

 

 

館内には現代アートの作品もあり、サインボードもいい感じ。

 

 

デザインされた埋木。格子戸はやはり光と影を表現できると心象に残りますね。

 

 

 

南魚沼の地産地消。お米は魚沼産コシヒカリでしたがゆっくり食べたい料理ばかりです。

 

 

部屋からの風景。今回は3階の山並みが見える部屋に宿泊しました。

 

 

 

「日本一絶景な露天風呂」といわれているそうです。私は二期倶楽部の野点露天風呂が好きですけど

露天風呂はそこに行くまでの雰囲気も大切ですよね。

 

 

 

 

チークのサイドボード。里山十帖では家具も販売しているんですね。こちらはデンマーク製のビンテージ

で300,000円でした。館内にはイームズ、ヤコブセン、柳宗理、イサムノグチ、ウェグナーなどの椅子も

自由に座れます。

 

 

雑誌・自遊人を読んでいると、里山十帖を語るときに必ず表現されているのは、地方創生やラグジュアリーの再定義。Redefine Luxuryです。そこには二極化に対抗する術やヒントが隠されているようにも思います。東京、大阪、京都、と地方都市。インバウンド需要に対応を焦るところも沢山あるのでしょう。

私が今回の旅で勉強になったのはオーガニック&デトックスは人間にやっぱり必要なんだなぁということ。食事も部屋も豪華ではないけれど、無農薬で吟味された食材や体に優しい、シーツや部屋着、アメニティー、そして五感に響く環境。しっかり沢山働いて、リラックスリフレッシュする。スローライフとは全く違う振れ幅の大きなライフスタイルが心地いいものだと気づかされました。

 

2017.04.23

Journey to The site  現場へ旅をする

日常は常に発想に満ちています。

設計した建築に対しても現場が進行しながら常に新しい発想やベストなアイデアを盛り込みたいと考えています。現場へ行くことは僕にとっては行ったことが無い世界に旅をするようなもの。常に、ワクワク感や不安や人との出会い(職人手の方々)や興味深い事柄がたくさんあります。

現在進行中の現場を少しだけご案内します。


平屋 (県央)2017年6月竣工予定

 

 

 


3枚片流れ (県央) 2017年6月竣工予定

 

 

 

 


 

宇都宮市の真ん中。準防火地域内です。(県央)2017年4月竣工予定

 

 


 

 

採光たっぷりベランダとガレージ(県東) 2017年10月竣工予定

 

 


コンクリート造3階建て (県央) 2017年6月竣工予定

 

 

 

 


平屋オーガニック (県南) 2017年6月竣工予定

 

 

 


高台の家(県東) 2017年9月竣工予定

 

 

 

 


コンクリート外断熱の家  (県央)  2017年7月竣工予定

 

 

 

 

 


コッツウォルズのような家(県南) 2017年11月竣工予定

 

 

 


森の中。地熱利用の建築。 2017年12月竣工予定

 

 

 


大屋根小屋根の家(県西) 2017年12月竣工予定

 

 

 


ワーゲンなレジデンス(県外) 2017年12月竣工予定

 

 

 


 

別荘地につくる家(県北)  2018年2月竣工予定

 

 


ルーフガーデンのある家  (県央)  2018年2月竣工予定

 

 

 


店舗併用住宅 (県東)  2018年竣工予定

 

 

 


2016.10.30

音楽と素敵な人生 PatMetheny & Dianakrall

ブルーノート東京 エントランスサイン

ブルーノート東京 エントランスサイン

image

開演前

開演前

 

 

パットメセニーの来日公演を聴きにブルーノートへ。20代の頃から好きなアーティストで

はじめて生で聴いたのは中野サンプラザでした。その頃はライルメイズやスティーブロドビーも

メンバーで独特のアンビエント感がありましたが、今回はライブハウスでの演奏なので

躍動感があってよかったです。特に往年のファン向けにスティルライフな曲も演ってくれて

盛り上がりました。

 

国際芸術劇場エントランスサイン

国際芸術劇場エントランスサイン

 

 

今年は好きなアーティストが沢山来日してくれましたが、なかなか日本に来ない

ダイアナクラールも良かったです。生のハスキーボイスには感動しましたが

ステージまでが遠かったの心残りですね。美しさと存在感のある雰囲気をもった

素晴らしい女性でありアーティストです。

 

 

パットメセニーもダイアナクラールも日々の練習は欠かさず、また常に

若くて才能あるアーティストと作品を創ったりライブしたりする姿勢は

シンプルに尊敬してしまいます。

良い作品を世に送り出すために自分自身にバリアを張らない姿勢や

アクティブで柔軟な行動力は曲以上に感動しました。

生で見ることができて、またエネルギーをもらえた時間でした。

 

 

 

 

 

DIPトップページへ