DIPの佐山です。
2016.10.01

島の記憶 cap3~歴史の街へ

安藤忠雄 地中美術館

安藤忠雄 地中美術館

草間彌生 かぼちゃ

草間彌生 かぼちゃ

 

地中美術館はエキセントリックな展示が沢山ありました。ジェームズ・タレルやウォルター・デマリアなどなど。李禹換と草間さんのかぼちゃを横目に島を離れるためにフェリー乗り場へ・・・

SANAA 海の駅 「なおしま」

SANAA 海の駅 「なおしま」

 

外観を見ると、「日本でこんな空気感の設計をするのはあの人とこの人と」、と3人くらい思い浮かびますが

そのうちのお一人の作品はこの後の京都で出会います。

ちょっと時間があったので近くのアート作品へ。

大竹伸郎 Ⅰ♥湯

大竹伸郎 Ⅰ♥湯

本当は入りたかったのですがこんな銭湯が近くにあったら元気がでちゃうかもしれませんね。

 

p1140068

 

上の写真はフェリーターミナルの目の前にある「ふうちゃん」

こちらはアートでもなんでもないただのお店です。

店主が手作りしたであろう看板サイン類は直島という場所柄アートに見えなくもないですが

、やはりアーティストのこだわり作品とは全然違う空気でした。たこ焼きは美味しかったけどね。

 

谷口吉生 京都国立博物館 平成知新館

谷口吉生 京都国立博物館 平成知新館

 

p1140099

 

私が尊敬する建築家は国外ではルイスカーンと、国内では谷口先生。

平成知新館

平成知新館 ロビー

タカメジ、サレメジと22,3歳頃よく教え込まれました。   たかが目地、されど目地。

平成知新館 サッシュ脚元

平成知新館 サッシュ脚元

ちょっと旬な場所

ちょっと旬な場所

街を歩いていたら突如あらわれた建物。優秀な研究者の方が育つ環境がもっと整うことを願います。

 

 

筋通りの町屋

筋通りの町屋

 

 

市内の普通のお店ですがなんとなく現代京都の街並みを象徴する「場面」だったので撮ってみました。

両脇のマンションが無かった時代、このファサードが連なっていたであろう時代、電柱が無かった時代。

壊して造ることはのは簡単ですが新しいモノにも「文化の空気」が感じられると良いですよね。

 

ミナペルホネン 京都店

ミナペルホネン 京都店

 

皆川さんのメルマガが週一くらいで届きますが、短い文章に彼の作品の原点が感じられるので

面白いです。京都店のインテリアが素敵だったので白金やワタリウム前のお店、代官山店にも行きましたが

ここがいちばんよかったですね。

 

島の記憶 の徒然集は以上です。次回は進行中のデザインお仕事レポートの予定です。

 

2016.09.23

島の記憶 cap02

直島の、家プロジャクト編です。

地中美術館のあるアートサイトとは趣が全く違うのは

地方都市の都市計画や「町おこし」の見本になるかもしれません。

ただ、これだけ著名で才能あるアーティストの方々が集まればですが・・

二期倶楽部の山のシューレのような形も良いですが、街全体という

方が魅力ありますね。

p1140024

焼き杉と漆喰の建築。

p1140020

通りを表すプレート

 

p1140049

これもアート。

p1140050

p1140025

p1140057

のれんプロジェクト。布のれんと瓦と鏝絵漆喰壁とステンレスの看板が面白い。

安藤忠雄ミュージアム。

p1140054

 

杉板にステンレス切り文字のサイン。シンプル。化粧の鉄釘がデザインですね。

 

p1140056

&

p1140042

 

のれんプロジェクトはそれぞれの「家」にデザインがあります。有るだけで空気感が変わります。

p1140037

玉石のような材料を使った塀。大きな石をフラットに積み上げるのは研究中なのですが

この方法もいいですね。好き嫌いがはっきりしそうなデザイン。

p1140038

p1140046

直島の木造建築ではこの焼き杉の外壁が良く使われています。ガイドさんに話を聞いたところ

海の近くなので潮風から守るためのようです。これが必然なんですね。経年でまだらになっていますが

街並みがこのような外壁が多いのであまり気になりませんでした。

栃木で焼き杉は、美しい建築になり得るのかな?と想う機会でした。

p1140047

p1140032

p1140040

 

p1140029

ジェームスタレルと安藤さんの共同作品。アートは五感で体験するもの、と思わせてくれる作品でした。

p1140027

私が好きな杉本博司さんの「海景」を体験できる神社。ア^ティストは遊び心も好きなんです。

p1140028

木々の間に見える海が杉本さんの作品を表現しているのですが、ここにたどり着くプロセスが重要なのでした。

 

 

2016.09.13

島の記憶 cap01

直島 ベネッセパークより

直島 ベネッセパークより

 

n007

野外アート

n006

野外アート

n004

杉本博司

ベネッセハウス パーク

ベネッセハウス パーク

 

n002

パーク夕景

 

直島を旅してきました。

デザインや建築の仕事をすることが日常とするならば、ここの景色のような、

自然のなかでいろいろな物を想像しながら自分もナチュラルに漂白されていく感覚は

こころの気が充実します。  自然のなかでも、島はいいですね。

久しぶりの建築日記は、島の記憶を連載してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.07.27

素材探求の旅001  および 高台の家

レンジフード01 フード使用時

レンジフード01
フード使用時

 

 

 

 

現在設計中の住宅で採用を検討中のキッチンや床材を確認してきました。

ozone(リビングデザインセンター オゾン)に行くのは久しぶりです。

キッチンはレザルク(オーダーオリジナルキッチン)、床材はマルホンと打ち合わせを

してきました。各フロアーのショールームはさほど変化はありませんでしたが

inno innoのブースで面白いものを見つけました。

それが上の写真のレンジフードです。

グリーン排気というのはお聞きになったことがあるかもしれませんが、

IHなどの加熱機器の手元面で吸気をして外部に排気するダクトタイプのものですね。

私も過去に何度か設計した経験はありますが、コストやメンテナンス、デザインの面であまり実用的では

ありませんでした。

しかし、この写真のレンジフードは、屋外への排気ダクトが必要ないそうです。

いわゆる内気循環タイプ。そして電動で排気トップの位置が移動するというもの。

ARIAFINA製なので品質は問題ないと思います。(富士工業がつくっているので)

まだ発売はされておらず、WEBにも載ってませんが問題は価格で、現時点で

約200万円だそうです。(レンジフードだけで。)200万はレザルクのキッチンがフルで

造れてしまう位なので現実的な価格ではありませんね。メーカーの担当者もそこはもちろん

分かっておられるようで、これから実用に向けて検討してゆくそうです。

でも、キッチンや調理まわりのデザインや機能を思考する中で、これが普通に選択肢の

ひとつになればちょっと素敵ですよね。

とても開放的でスタイリッシュなキッチン・ダイニング・リビングエリアになりそうです。

レンジフード02 使用時。横から見た状態。

レンジフード02
使用時。横から見た状態。

;

レンジフード03 使用していない時の状態。

レンジフード03
使用していない時の状態。

 

 

 

—————————————————————————————–

 高台の家が間もなく完成引き渡しです。

内部の写真は後程、アップいたします。

 

ファサード

ファサード

 

 

 

 

 

初期案のスタディー模型

初期案のスタディー模型

 

2014.09.16

素材を俯瞰する家 完成見学会を開催いたします

案内状メールweb用

 

 

 

建築主様のご厚意もいただきまして、完成見学会を開催いたします。

現在、建築業界やインテリア業界では様々な素材が「氾濫」しております。

私共も全国規模の建材展やインテリア展に常に足を運びチェックいたします。

材料の特性、コスト、メンテナンス性、施工性、納期、デザイン性など様々な検討を

踏まえて設計に反映する材料を決めてゆきます。

今回、完成した作品の「素材を俯瞰する家」も多様な素材を探求して現場で施工されています。

素材は空間になってはじめて生かされてきます。都度、このブログでもお話させていただいておりますが、

素材 と 光 と プロポーション が良質な家、建築を形づくる要素です。

その空気感を、この現場で感じていただけると嬉しいです。

P1010674

DIPトップページへ