設計事務所に依頼する場合と工務店に直接依頼する違いは?

DIPのような設計事務所は打合せに多くの時間をかけてお客様のご要望を聞き、予算や敷地の条件に合わせたデザイン・構造を考えます。つまり、お客様や敷地に合った建物を突き詰めます。

一方、工務店は打合せにあまり時間をかけませんから、お客様の細かい意見は建物(特にデザインや細かい要望)に反映されないかもしれません。

設計事務所とハウスメーカーの違いは何でしょうか

設計事務所とハウスメーカーの違いは工業化されているかいないかではないでしょうか。ハウスメーカーは資材・仕様を統一して大量生産をするため、安定した品質と安価な資材を仕入れる事ができます。その分、設計の自由度は少なく指定された資材を使用します。大量生産のため、他と似たような建物になるかもしれません。

また、狭小地や変形した敷地には建築できないということがあるかもしれません。

設計事務所は大量購入によるコストの低減は期待できません。しかし、資材・仕様については制限がないため、希望の材料や安価な資材を選ぶことによりコストの低減ができ、設計の自由度は大きくなります。

設計料分高くなるのでしょうか?

設計事務所に依頼すると設計料分だけ高くなると思う方もいます。確かに設計事務所に依頼すると工事費とは別に設計料を払う必要があり、一般の方はかなり高く感じてしまうようです。

しかし、工務店やハウスメーカーに依頼しても設計作業はあるはずで、無料ではありません。見積書に設計・監理料が計上されていない、もしくはかなり安い場合は工事費の中に分散されて計上されて上乗せされています。ハウスメーカーはある程度は規格が決まっているので、1からお客様のために 設計をはじめる設計事務所に比べると設計作業量は少ないと思います。

お客様の為に一から設計して建築の専門家がお客様の立場で設計監理をするので、不透明な設計料を工務店やハウスメーカーに払うよりは、かなりお得だと思います。ご契約いただいた設計料の中で建築家、建築士は、依頼主の方が納得できるように最大限の仕事をしてまいります。

私共はあなた様の建築に関する頭脳(ブレイン)であり、何でも相談できるパートナーであり、不利益なことがおこらないようにする為の建築に関する 弁護士でもあるのです。

多くの設計事務所は工事費に対するパーセンテージで報酬を決めているようですが、ディップは工事費では設計料を決めません。ディップは建設省告示の業務報酬算定基準で人件費・経費で設計料を決めています。工事費で決めてしまうと工事費が高くなると設計事務所の報酬も高くなります。工事費でパーセンテージを決めてしまうと、どちらも納得できる形にはならないと思うからです。

土地が決まっていないと、設計事務所に依頼できないのでしょうか?

ぜひ、土地探しから設計事務所を活用してください。ディップは喜んで土地探しのお手伝をさせていただきます。栃木県内の土地情報をご紹介する事ができます。

不動産業者の目と建築の専門家の目は土地の見方が違います。

家や店舗を建てるのはほとんどの方が初めてだと思います。初めてだと、どのような土地を購入してよいか迷うと思います。不動産業者は土地取引の専門家ですが、法規が詳しい方は少ないと思います。土地によって道路斜線・北側斜線・採光斜線・・・などを考えて、その土地にどのような建物が建てられるかを調べてから購入する事を強くお薦めします。

狭小地や変形・傾斜の土地にも建てられますか?

広くて形の良い土地に建物を建てたいと思っている人は多いと思います。

でも、中には変形・狭小地に建てざるを得ない方もいます。私達は、どんな土地でも大切な土地だと思っています。変形・狭小の土地には狭く暗い建物しか建てられないのでしょうか?そんなことはありません。

変形・狭小の土地に色々な工夫を取り入れることで可能性を広げ、広い空間を取った光の入る建物を提案できるのが設計事務所の仕事だと思います。もし、変形・狭小の土地に建物を建てたいならディップに依頼してください。

ディップは難しい条件があればあるほど快適な建物をご提案することに一生懸命になります。

どの段階から料金がかかるのでしょうか?

相談だけでも料金がかかるのでは?とご心配される方もいると思いますが、ディップは設計契約を結ばない限り料金をいただきません。プレゼンテーションも無料で行います。お客様のご要望をいただければ2度・3度・・とプレゼンテーションを行います。

リフォームもお願いできますか?

もちろん、リフォームもさせていただきます。ご連絡いただければ、いくつかの施工事例をご紹介いたします。

設計事務所に依頼した場合アフターサービスはどうなりますか?

工事をした施工業者がアフターサービスを行います。瑕疵が発生した場合、設計事務所は第三者の立場でその瑕疵が施工の原因によるものなのかを判断します。施工に問題があれば施工業者が手直し工事をします。定期点検も行っております。

ディップはJ10J10(日本住宅保証検査機構)に加盟しています。安心して住んでいただける保証もついています。

工事が始まってから変更可能な事もありますか?

変更は可能でございます。変更する前に予算のチェックは当事務所にて行います。

工事費には何が含まれていますか?

本体工事、照明器具、外構工事等が含まれております。
基本的に別途工事費が発生することはございません。

どのような流れで建物は完成しますか?完成までどれぐらいの時間がかかりますか?

別紙にて工程表をお渡しいたします。スケジュールや流れのご希望も、遠慮無くお聞かせください。

自然素材のものも使えますか?

はい、もちろんです。素材選びは難しい作業ですが、せっかくの注文住宅ですから、新建材ではなく自然素材を使ってみてはどうでしょうか?自然素材は作業の大変さがありますが、肌に触れる感触が素晴らしく、時間が経つにつれ味わいが増していきます。

施工業者の選定は入札で決定するのでしょうか?

仕事もしっかりしていて工事費も安く、お客様にお薦めできる施工業者があれば入札を行わずに、その業者だけに見積りを取り発注する場合もあります。これを特命発注と言います。基本的には入札をお薦めします。

建築費の予算調整はどのように行いますか?

全ての希望を叶えようとすると建築費の予算よりオーバーすることもあります。

その場合、もう一度必要な物を確認します。
設計者は施工の方法、材質などを再検討します。設計図を修正し再見積をとり予算内に収まるようにします。

予算オーバーすることはありませんか?

ディップでは、お客様のご希望の予算に合わせて予算計画書を作成いたします。建物を建築するには建物費以外にかかってくる費用があります。(地質調査費、契約印紙代、家具、カーテン、水道加入金、ローン諸費用、登記費用など)。

完成後に予算オーバーと言うことが無い様、最初に予算計画書で予算決めをしておきます。ディップは予算に応じて創意工夫をしてプランを考えます。

また、予算が少ないからと言わずお気軽に設計事務所へご相談ください。家は家族と共に成長していくものだと思います。最初から全てを揃えてしまわず、自分の生活に必要最低限の物を見極めて徐々に付け足して行く考えもあるかもしれません。 ディツプでは金融機関への融資手続きをさせていただいております。返済のシュミレーションの作成、金融機関のご紹介等も行っております。

建物の保証はありますか?

はい。ディップは国土交通大臣登録住宅性能評価機関J10(日本住宅保証検査機構)に加盟しています。いつまでもご安心して住んでいただける10年保証システム(20年可)です。公正中立な第三者機関が建築される住宅・店舗併用住宅、賃貸住宅を検査し保証します。

また、J10では地盤調査・地盤調査保証も行っております。足元を安定させ、地盤にあった基礎を提案します。調査方法はスウェーデン式サウンディング試験を標準としています。

設計監理はどのようなことをやりますか?

工事がはじまると設計事務所の監理が始まります。図面通りに工事が進んでいるか?工程表通りに進んでいるか?設計事務所はお客様の代理としてプロの目で現場を監理します。設計事務所は「管理」ではなく「監理」をします。 「工事監理」は、設計者がお客様から委託を受け代行者として工事が計画通りに施工されているかどうか監理することを言います。施工業者の現場監督は「工事管理」をします。現場監督は作業を指揮管理し施工の品質管理をします。「工事管理」を監督するのが設計事務所です。 「工事監理」の内容
・ 工程表通りに工事が進んでいるか。
・ 実施設計図書通りに施工が行われているか。
・ 実際の空間を見ての素材の色・材質の最終決定
・ お客様の要望変更に伴う施工業者との協議
・ 官公庁等の各種検査の立会い
・ 現場定例会議での通知・協議(1〜2週間に1度現場を確認し工事を円滑に進められるように行われます)

また、現場定例会議はお客様にも参加していただきます。時々、現場に足を運ぶ事をお勧めします。図面で想像していたものを超える驚きと喜びが実感できると思います。

暮らし・住まい・住宅のお役立ちリンク集
Life and Story 土地探しから始めるデザイナーズ住宅作りDIPは土地が60点でもデザイン・設計で70点、80点にすることができます。 二世帯バリアフリーリフォーム 家族の夢へと踏み出す「住まいの設計提案」 社長ブログ 外構デザイン PDFカタログ「DIP通信」無料ダウンロード

【対応エリア】
栃木県(宇都宮市、佐野市、小山市等)
栃木県外でもご相談ください。
対応エリアページはこちら