月刊twin

月刊ツインにて好評連載中
これから住宅をお考えの方をサポート

読者のための づくり相談室 Vol.02
子供にとって良い環境 / これからの人生を素敵に過ごせる家

自分らしい家を造りたいけどどこに聞いたらいいの?
高い買い物だから妥協はしたくないけど悩みも…と思っている方は多いはず。
そこで、宇都宮市にあるDIP建築都市設計事務所の建築家・佐山利光さんに読者の方から寄せられた質問に答えていただきました。

現在、夫婦と幼稚園年長の子供とでマンションに暮らしています。「そろそろ持ち家を」と考えていますが、 子供にとって環境のいい小学校や学区を考えると、どうしても市街地になってしまいます。 私も妻ものびのびした自然環境が好きなのですが、子供のことを考えると住宅街でも・・・と悩んでしまいます。何かいい方法はありませんでしょうか。 (宇都宮市/技術研究職 30代)

少しでもいい環境をお子さんに与えてあげたい、と考えるのは親として当然だと思います。 市街地の住宅が立ち並ぶエリアで「のびのびとした持ち家」を考える場合には、やはり光と風とプライバシーの確保が重要です。

特に中庭型、いわゆるコートハウスはプライバシーの確保には適しています。「囲われる」ことでプライバシーが保てるからです。 しかし囲い方がわるいことにより、光と風が制約されてしまっては意味がありません。

中庭型の場合、自然光は“陽があたる”、のでは無く、“光を集める”という発想をします。 そして風はそのエリアの最多風向きを気象庁のデータなどから収集し、周辺建物の隙間から抜けるであろう風の通り道に窓をつけます。

右手が玄関、正面がリビングの開口部。

市街地に建つ住宅。コの字型プランによりプライバシーを確保し、白壁が光を呼び込み、北西に開いた中庭に風が通り抜ける。 中庭はアプローチに面しているので常に植栽の状態を気にかけながら樹木のメンテナンスをしている。右手が玄関、正面がリビングの開口部。


中庭プランのエスキス



中庭プランのエスキス。スケッチを描きながらイメージを膨らまします。

こんにちは。50代の主婦です。夫は還暦を迎え、息子と娘もそれぞれ家庭を持ち、幸せに生活しています。 将来、同居する予定は今のところありません。現在居住している住宅も築30年を超えました。 20代に建て、今まで暮らしてきた家に思い出もたくさんありますが、この機会にこれからの人生を素敵に過ごせる家に建て替えたいと考えています。 そんなに大きな家はもう必要ないのですが、お正月とかに子供たち家族が集まれたり、娘が産後に生活できるスペースがプラスしてあればよいかなと考えています。 夫とも話合っていますが、なかなか良いプランが浮かびません。 (宇都宮市/夫・会社員 60代、妻・公務員 50代)

ご家族の成長にともない、家も使う部分と使わなくなる部分が出てきます。それを考慮して設計すればよいことなのですが、30年前ですとそうも行かない状況だったのでは、 とお察しいたします。特に2階の子供部屋だった場所がお子さん達の「置き土産の納戸」になってしまうようですね。

リフォームではなく建て替えということですので、その場合のポイントについてお答えいたします。

01:予算はかけ過ぎず自己資金の範囲内でどこまで
   計画できるかチェックしてみる。
02:住宅に備える昨日で自分達に必要な性能の優先順位
   を付けてみる。例えば、断熱性能、バリアフリー
   性能、耐震性能、メンテナンス性能、などなど。
03:これからのライフスタイルをできるだけイメージして
   みる。1年後、3年後、5年後、10年後など時間軸で
   考えるとイメージしやすいと思います。
04:現在の敷地で考えられる可能な限り小さなプラン
   から平面図を描いてみる。

二世帯の場合は例外ですが、単世帯50代からの家づくりは20代、30代の方たちとは考え方が大きく違ってきます。 本当に必要なものは何のかを吟味し、無理をせず、旅行や趣味の時間を楽しみ、素敵なライフスタイルを過ごすことが大切です。 生活空間はその素敵な時間のワンシーンです。


手前がリビング、右奥が和空間。
ワンフロアーの中に日常生活の重要なゾーンが組み込まれている。左手がキッチンダイニング、手前がリビング、右奥が和空間。


ホームエレベーターのドア

ゆるやかな階段と右手奥に見えるのはホームエレベーターのドア。




月刊ツインで好評連載中「読者のための家づくり相談室」
自分らしい家を造りたい方へお答えします。

  • 家を計画していますが、木を張った天井がこのところ気になっています。
  • 妻がキッチンに立った時に素敵なリビングの風景を見せてあげたい。
  • 佐山さんの設計は照明もキレイですが、どんなことに気を使ってデザインしていますか?
  • 自分たちの理想とした「芸術と趣味の部屋」になりました
  • 木で個性のある建具をつくる ことは難しいのでしようか
  • 廊下に手洗い場を作りたいと思っています。素敵な手洗い場はどんな感じですか?
  • 自分だけの使い勝手の良い、high-level designなキッチンの参考例を教えてください。
  • こんなすばらしい場所に自分の生きた証を残したいと思っていました。
  • 既製品の力ーポートではないお酒落な車の置き方ってありますか?
  • 今の自分たちが住みたい家ではなく、未来の自分たちが楽に暮らせる家を考えることが大切です
  • 和物のインテリアがとても好きです。でも暮らす家は現代的なデザインと機能が欲しいのです
  • 住宅が密集する工リアなので中庭を造りたいのですが敷地面積も限られているので上手くいくでしようか?
  • インテリアにマッチしたテレビの設置方法はありますか?
  • 十数年後の事を考えてのことですが、平屋の間取りをどうしようか迷っています
  • 心地いいベランダやテラスが欲しいと思っています。風や光が入ってプライバシーも守られるように出来るでしょうか?
  • 二世帯住宅で暮らすには床面積は何坪くらい必要でしょうか?
  • DIPさんの設計する建物にはいろいろな素材が使われているようですが、どんな風に選んでいるのか?
  • 料理が楽しくなるキッチンはありますか?
  • 出来るだけ廊下の面積を少なくして居室の面積を効率よく確保したいと考えています。何かいい方法はありますか?
  • 外壁に本物の木を使いたいと考えています。どう思われますか。
  • 自分らしい家を造りたいけどどこに聞いたらいいの?
  • 土地の特徴を生かした上手な家の建て方はありますでしょうか?
  • 家と一緒に庭も素敵にしたいと思っています。心が和む庭や植栽ってどういうものですか?
  • 最近よく外壁一面に窓が無い家を見かけます。どういう理由なのでしょう?また居住性はよいのでしょうか
  • 目立つ家、目を引く家ってどんな風につくるのですか?
  • 最近の家は引き戸が多くて扉が少ない印象がありますが、素敵な扉ってありますか?
  • 「なになに風のイメージ」を持つことは家つくりに必要ですか?
  • 家を建てる際、考えることが多くどこから手を付けていいかわかりません。
  • 天井がビニルクロスではなくて木で出来た天井に憧れています。
  • 素材や色の選定はどんな風にすればよいのでしょうか。
  • 二人の意見がまとまりません。こんな時はどのようにすればよいのでしょうか。
  • 「なになに風のイメージ」を持つことは家つくりに必要ですか?
  • 家を建てる際、考えることが多くどこから手を付けていいかわかりません。
  • 天井がビニルクロスではなくて木で出来た天井に憧れています。
  • 素材や色の選定はどんな風にすればよいのでしょうか。
  • 二人の意見がまとまりません。こんな時はどのようにすればよいのでしょうか。
  • 自然が身近に感じられる場所でくらし、人生を楽しみたいと思っています。
  • DIPではこだわりの住宅だけではなくcafeもデザインしているのですか?
  • 家族みんなが集まるLDKの収納をどんな風にしたら良いか悩んでいます。
  • 「帰りたくなる家」ってどんな家でしょうか。
  • 廊下は無駄な空間に思えるのですが、どんな風に作ればよいのでしょうか?
  • スキップフロアーという造りはどんなものでしょうか?
  • 家の外観はどんな風に決めていけばよいのでしょうか?
  • 「楽しい家」ってどんな風に設計する家なのでしょうか?
  • 和室が好きで畳の部屋が欲しい
  • 玄関は家の顔と聞きます。素敵な玄関にしたいのですが
  • 年数がたっても美しい家を建てられますか?
  • カフェのようなインテリアとその雰囲気にしたい
  • 住宅と店舗を一緒に計画したい
  • インテリアに大谷石を使いたい
  • 灯りの使い方
  • 子供にとって良い環境 / これからの人生を素敵に過ごせる家
  • 義父母との同居 / 平屋の住宅に憧れています

ページトップへ戻る