イメージ画像

設計事務所での家や店舗づくりにはどんなイメージをお持ちでしょうか?当然楽しさだけでなく普段やり慣れていない事ばかりで不安もあります。家や店舗づくりは何も無いところから始まります。そこにはありとあらゆる可能性があります。基本性能・耐震・耐熱・換気・防犯をおさえただけでは設計事務所の役割が半分です。ここでは、ディップと一緒につくる安心と楽しさをご紹介します。

新築工事に係わる、基本的な企画・設計・監理と、着工からお引渡しまでの工程を記載した工程表を御覧ください。

工程表
PDFで見る

ディップが自分達の夢を実現するパートナーとしてふさわしいか判断していただきます。 まずは、ヒヤリングでご要望をお聞きします。 建主さまのご要望に合わせたオリジナルのプランを作成します。

プレゼンテーションは法令上の制限をまとめた「調査表」「平面図」「立面図」「工程表」「スケッチ」 「パース」「模型」等をご用意いたします。できる限り建主の方が立体や空間をわかりやすくイメージし ていただける形にします。

建主さまには「建物が建設予定地に合っているか?」「その建物が自分達の好みに合っているか?」を判断していただきます。

ディップは建主さまのスタイルに合う家づくり・店舗づくりをご提案します。 夢や希望をまとめてそれを形に変えるのがディップの仕事です。

プレゼンテーションは無料でお受けいたします。
設計契約をさせていただくまで無料で行います。

時間と経費がそれなりに掛かりますが設計事務所がどんなところか少しでも知っていただきたいからです。

設計イメージ

保証制度(地盤・建物)ディップでは建主さまのご希望の予算に合わせて予算計画書を作成いたします。

建物を建築するには建物費以外に掛かってくる費用があります。

地質調査費、契約印紙代、家具、カーテン、水道加入金、ローン諸費用、登記費用などがあります。完成後予算オーバーと言うことが無い様に 最初に予算計画書で予算決めをしておきます。

ディップは予算に応じて創意工夫をしてプランを考えます。 また、予算が少ないからと言わず、お気軽に設計事務所へご相談ください。

家は家族と共に成長していくものだと思います。 最初から全てを揃えてしまわず自分の生活に必要最低限の物を見極めて徐々に付け足して行く考えもあるかもしれません。

ディップでは金融機関への融資手続きをさせていただいております。 返済のシミュレーションの作成、金融機関のご紹介等も行っております。

予算計画書
PDFで見る

実際にその建物での生活、仕事をシミュレーションしながら空間づくりをします。 空間を配置図・平面図・立面図・断面図・模型で表現します。自分達のこれまでの生活、 これからの生活等をじっくり考えてみる絶好の機会でもあります。

どのような家・店舗をつくりたいか?住まい方・仕事をあらゆる方向から考えます。

自分達の思いのままにぶつけてください。優先順位を考えながらまとめていきます。

この時期に1番頻繁に打合せが行われます。時間もかかりますが思いを形にする1番大事な時期です。この時間の掛け方がハウスメーカーと違うところです。

そして概算費用や温暖環境を確認していきます。

配置図

街並み、近隣の周辺環境を考え建物の高さ・屋根の形状・外壁を検討します。
また隣の建物を考え、風や光の入り方・見晴らしを考えます。

自由なプラン

パターン化された固定観念にとらわれずこれからの生活や仕事を思い楽しく自分にあったオリジナルのプランを考えてみてはどうでしょうか。

敷地いっぱいに建てることや機能性だけでなく自分らしい心地良い空間をご提案いたします。

ライフスタイル 機能性 趣味・楽しみ デザイン性 心地よさ

基本設計を基に意匠・構造・電気・機械等の詳細図を作成したものが工事可能な実施設計図書です。 この図書が詳細なほど工事のトラブルが少なくなります。

そして、この図書を基に施工業者が工事見積をします。 きちんとした施工ができるよう寸法・素材選び・仕上げ・納まり・工事方法などを盛り込みます。

コンセントの位置・照明などの細かい仕様を決めていきます。
小さな住宅でも50救程度になります。
図面通りに工事が進められるように細かく作成します。
設計作業の中で時間とエネルギーが掛かります。

実施設計図書

PDFで見る

地盤調査は必ず実施します。調査結果を元に基礎の計算をします。

構造計算は建物にかかる重力・地震・風などの力に対して建物が安全であるかを確認する為の計算です。かかる力より建物の耐力が上であれば構造上安全です。

鉄筋量なども不足するのは最もダメですが多すぎても経済的によくありません。 建築基準法では一般的に2階建て以下の木造住宅には構造計算は必要ありません。

ディップは2階建て以下の木造住宅も構造計算をしています。 一棟ごとに建物の安全性が根拠のあるものになります。

また、経験による部材寸法ではなく計算に元づいて鉄筋量や 部材寸法を決めており無駄がありません。

地盤調査
PDFで見る

工事がはじめると設計事務所の監理が始まります。

図面通りに工事が進んでいるか?
工程表通りに進んでいるか?

設計事務所は建主の代理としてプロの目で現場を監理します。
設計事務所は「管理」ではなく「監理」をします。

「工事監理」は設計者が建主さまから委託を受け代行者として工事が計画通りに 施工されているかどうか監理することを言います。施工業者の現場監督は「工事管理」をします。

現場監督は作業を指揮管理し施工の品質管理をします。
「工事管理」を監督するのが設計事務所です。

「工事監理」の内容

  • 工程表通りに工事が進んでいるか。
  • 実施設計図書通りに施工が行われているか。
  • 実際の空間を見ての素材の色・材質の最終決定
  • 建主さまの要望変更に伴う施工業者との協議
  • 官公庁等の各種検査の立会い
  • 現場定例会議での通知・協議(1〜2週間に1度現場を確認し工事を円滑に進められるように行われます)

現場定例会議は建主の方にも参加していただきます。
時々現場に足を運ぶ事をお勧めします。
図面で想像していたものとは驚きと喜びが実感できると思います。

設計事務所に依頼した場合施工業者の決定方法は入札で行われます。

入札とは3社前後の工務店を集めて同じ図面を渡し、見積書を提出してもらう事です。
業者によっては20%〜30%の工事費に差が出てくるのは一般的なことです。
基本的にはその中から1番予算に近い業者を選びます。

役所の場合は参加している業者が他にどこかわかりますが、設計事務所はどこが参加しているかわからないようにします。
談合の恐れが無いようにします。
建主の知っている工務店があればそこも入札に参加すれば更に公正になります。

また、見積り金額だけではなく技術力があるかどうか。
また、見積りの内容が適切で、見積り漏れがないかチェックし、その工事に最も適した施工業者が決定されます。

入札により競争原理が働きますのでより優れた建物が通常よりも金額を抑えた建築費になります。

見積書のチェック

  • 見積書の仕様が実施設計図書通りか。
  • 材料や施工方法が施工業者の都合のよい解釈になっていないか。
  • 一式工事の表示で明細が少なくないか。
  • 実施設計図書の数量になっているか。
  • 適切な単価が入っているか。
  • 申請費用等が明確か(水道・ガス・電気・・)

建築イメージ

ディップは国土交通大臣登録住宅性能評価機関J10(日本住宅保証検査機構)に加盟しています。

いつまでもご安心して住んでいただける10年保証システム(20年可)です。 公正中立な第三者機関が建築される住宅・店舗併用住宅・賃貸住宅を検査し 保証するシステムです。また、J10では地盤調査・地盤調査保証も行っております。

足元を安定させ地盤にあった基礎を提案します。 調査方法はスウェーデン式サウンディング試験を標準としています。

JHSビルダー登録証
Life and Story 土地探しから始めるデザイナーズ住宅作りDIPは土地が60点でもデザイン・設計で70点、80点にすることができます。 二世帯バリアフリーリフォーム 家族の夢へと踏み出す「住まいの設計提案」 社長ブログ 外構デザイン PDFカタログ「DIP通信」無料ダウンロード

【対応エリア】
栃木県(宇都宮市、佐野市、小山市等)
栃木県外でもご相談ください。
対応エリアページはこちら