Dip佐山の建築日記の記事一覧

2021.08.24

建築探求の旅 インド

Photo by sayama

 

 

 

みなさま、こんにちは。DIPの佐山です。いよいよ季節が本格的に夏らしくなってまいりました。毎年のことではありますが、水分補給はしっかりと、くれぐれも熱中症には気をつけてお過ごしください。

 

最近は、インドで発見されたコロナウイルスの変異株が、猛威を奮いはじめているようです。特に現地インドの状況を見ると、大変心が痛みます。

私も過去に1度だけインドに足を運んだことがあり、大きなカルチャーショックと、インドの人々の熱量に驚かされたものです。

 

今回は、そんなインドを訪れた時のことを思い出して、書いてみようと思います。

突然ですが、「マハトマ・ガンディー」を知っていますか?細かい功績などは知らずとも、名前くらいは聞いたことがある方がほとんどだと思います。

 

では、「スバス・チャンドラ・ボース」という人を知っていますか?

実は彼も、インド独立のために人生をかけて戦った英雄なのです。

 

時は、2017年まで遡ります。ある日、ディップの事務所に1本の電話がありました。

「設計をお願いしたいので、会えないか?」と。彼の名前は、インド人のB.Sディシュムクさん。

早速お会いして話を聞くと「日光で、チャンドラ・ボースの平和記念公園をつくりたい」と相談をされました。

私としては、まず「チャンドラ・ボース」が分からない。そして『なぜ日本に?なぜ日光に?』という思いです。

 

ディシュムクさんは、45年前から日本にいて、日本語は堪能。

お聞きした話を短くまとめると、ディシュムクさんが、日本に安置されているボースの遺骨をインドへ帰還させる運動をする中で、知人から広大な土地の寄付の話が持ち上がり、そこが日光だった。そこを、ボースとインパール作戦の戦没者の慰霊を行う場所にしようと考えた…というわけです。

 

チャンドラ・ボース平和記念公園の完成イメージ

 

 

 

慰霊塔や訪れた方の宿泊施設まで、基本的な設計は現地インドの建築家によって出来上がっていました。ただ、気候も風土も異なる日本でインドの建築物を実現させるためには、日本の建築家の協力と設計・監理ができる会社が必要だったらしく、そこでディップを見つけてくれたらしいのです。

 

その後の経緯は省きますが、建設の資金を募るために、日本で記者会見や、現地インドでの広報活動も一緒に行うことになり、その流れでインドを訪れることになったのでした。

日本での記者会見の内容は、2017年6月28日下野新聞に掲載されました。

 

 

 

 

2018年6月、インドの首都デリーにある「インディラ・ガンディー国際空港」。

 

 

 

到着の次の日は、早速記者会見。インドの環境大臣がいらっしゃるなど、現地での注目度の高さを感じました。

 

現地インドでの記者会見の様子。たくさんの人が訪れてくださいました。

 

 

 

その日の夜は、プネ市にあるディシュムクさんのコンドミニアムへの宿泊を勧められたのですが、落ち着いて休みたかったのもあり、トゥクトゥクに乗って近くのホテルに宿泊することに。

三輪タクシー「トゥクトゥク」

 

 

 

ところがこのホテル、部屋に入ってみると床もベッドもお世辞にもキレイとは言えず(正直に言ってしまえば、大変汚く…)、窓は壊れて閉まらないため、虫もどんどん入ってきます。結局一睡もできずに朝を迎え、フラフラしつつ、現地同行は続きます。

眠れなかったホテルのエントランス。こう見るとキレイそうに見えるのですが…

 

 

 

このままでは身体が持たないと、残りの2泊は自分でプネ市にある「コンラッドホテルインターナショナル」の部屋を取ることに。

さすが、世界基準のホテルで綺麗さもサービスの高さも素晴らしく、ホテルでの時間は心穏やかに過ごすことができました。ここでも、つい設計・デザイン的に興味の惹かれるところを写真に取るなど、職業病が出てしまいますね。

Conrad  Pune メインエントランス

バスルームの鏡に、モニターが埋め込まれています。なかなかおもしろいですね。

 

 

 

滞在期間は、現地の大学の学長や、ドバイの社長、インドのデザイナーなど色々な方とお会いする機会もあり、新鮮でした。

写真右端の方が、ディシュムクさんです。

 

 

 

 

 

 

ただ、街を見渡すと、インドにはまだまだ貧しい場所や人も多く、日本がいかに安全で衛生的で、恵まれているかを痛感いたしました。

 

 

 

タクシーの客引きや、花売りなど、多くの人々が生きるために懸命で、そこには、今の日本で失われた人間の熱量を感じずにはいられませんでした。私佐山も、もっと自分を高めるべく精進しないと、などと思った次第です。

 

 

 

今は非常に大変な状況かとは思いますが、またあの元気で、熱量のあふれるインドを取り戻していただきたいと願っております。

 

その際には、今回の旅では叶わなかった、北部チャンディーガルの世界遺産、建築家ル・コルビュジエの建築群を、ゆっくり見てまわりたいものです。

 

資金を募っている最中に、コロナが流行してしまい、「チャンドラ・ボースの平和記念公園」の計画は、まだ実現にはいたっておりませんが、ディップでは、このように様々な建築・設計の相談を受け付けております。ぜひお気軽にご相談いただけますと幸いです。

 

2021.06.22

素材探求の旅 ザ・リッツ・カールトン日光

Photo by sayama

 

みなさま、こんにちは。代表の佐山です。最近は、日中の気温が上がり、少し動いただけで汗ばむような日も増えて参りました。当社の打ち合わせ室から望む山の木々も、日に日に青が深まり、新しい季節の訪れを感じます。

 

今回の「素材探求の旅」は、まだ雪の残る昨年12月に『ザ・リッツ・カールトン日光』を訪れた際のお話をしたいと思います。

 

かねてより、全国のラグジュアリーなホテルや旅館に興味があり、仕事の合間を見つけては、実際に宿泊をしておりました。

 

自身がリフレッシュしたいというより、そういったホテルや旅館からは、多くの学びが得られるためです。設計・デザインはもちろんのこと、内装やインテリア、接客・サービスに至るまで、そこで得た気づきやアイディアを、DIPの建築やサービスに活かしていきたいと考えております。

 

この『ザ・リッツ・カールトン日光』は2020年7月にオープンしたばかり。中禅寺湖畔の男体山を望むロケーションが特長で、温泉施設があるのは全国のリッツ・カールトンでも初めてです。

 

外観やエントランスはとてもシンプルで素材も統一されたデザインです。

エントランスエリアで印象的だったのは、ロビーに入る前の自動ドアがサイズアウトした大きさで、まるで壁がスライドして動いているかのようでした。おそらく高さ4m、幅2.5mくらいはあったように思います。

写真では伝わりにくいですが、実際に見ると「扉」とは思えないプロポーションです。

 

ホテルに到着したのは、もう日が落ちたころ。

夕食は、こちらのダイニング「日本料理 BY ザ・リッツ・カールトン日光」で頂きました。

天井には「鹿沼組子」があしらわれているなど、栃木の伝統工芸が、随所に取り入れてあります。私の尊敬する建築家・谷口吉生氏が「建築は『素材』と『光』と『プロポーション』」とおっしゃっていましたが、この会場も、照明や上質な素材が、バランスよく空間にデザインされておりました。

 

 

深夜に「ザ・バー」へ。 アートのようにコーディネートされたボトル、そのライティング、カウンターのサイズや質感。ある意味このホテルに来た理由はここに有ります。

カウンターの白いジャケットを召したマスターバーテンダーに、20代のころに勧められて飲んだウイスキー(Old RIP VAN WINKLE)があるかお聞きしてみましたが、それはもうおそらく廃盤なので置いてはいないとのこと。過去に、都内など他のバーでも聞いてみても「知らない」と言われてしまうことが多かったため、すぐに分かっていただけたことが、まず驚きでした。

しかも、「似たものなら…」と、少し目を閉じてから直ぐに代わりのものを提案してくださいました。

「バーテンダーという仕事は、どれだけお客様の事を思うかが大切。」、と若いころに教えられましたが、知識の深さと「お客様が言葉にされない願望やニーズを先読みしておこたえするサービスの心」というリッツカールトンのクレド(企業理念)にあらためて感心いたしました。

バーコーナーの美しいデザインだけでなく、プロフェッショナルなサービスにも感動するひとときでした。

宿泊した部屋では、細かなところに注目してしまいます。例えば、照明スイッチやシャワーのメーカーなど。部屋全体の雰囲気に調和させるためには、どういったデザインのものを使っているのか、そして、コンセントの位置はどこにしているかまで気になってしまいます。

バスルームの設備は、アメリカのメーカー「KOHLER(コーラー)」製

テレビは扉を下げると、全てを隠せるようになっています。これも生活感をなくす工夫のひとつ。

 

 

 

 

バルコニーからは中禅寺湖と男体山が望めます。

椅子に腰掛けて、雪の残る中禅寺湖畔の風景を満喫できます。手すりがガラス張りなので、景色を遮りません。

 

そうして景色を眺めていると、ふとDIPが手掛けた「森と湖の家」から望める中禅寺湖の風景を思い出してしまいます。

住宅とホテル(プライベートとパブリック)という用途の違いはありますが、「森と湖の家」のリビングから感じる湖面の近さ、美しく変容する湖と男体山の色、八丁出島の紅葉、風と波のバランス、どれもリッツ以上の贅沢で特別な感覚です。

※よろしければ、DIPの作品紹介もぜひご覧ください。

「森と湖の家」https://www.dip7.com/works/n_glly/004.html

 

 

こういったラグジュアリーホテルでは、「非日常」を感じる空間の創り方が上手く、とても参考になります。

本来は写真を撮るより、その場でスケッチを描いたほうが細かなディテールまで頭に残るのですが、時間がなかったのでそれはまたの機会に。

レストラン「レークハウス」。デザインへのこだわりを感じます。

 

 

短い滞在でしたが、新たな建築やサービスに触れることができ、大変充実した時間を過ごすことができました。

 

遠出は難しい昨今ですが、世界が落ち着いてきましたら、様々な地域のホテルや旅館、施設などにも足を運びたいと考えております。

私共も忙しい日々が続いております。皆様もどうかご自愛の上お過ごしください。

またここでお会いしましょう。

 

2021.04.22

素材探求の旅 つくば kitchenhouse(キッチンハウス)

 

 

Photo by sayama

 

皆様、お元気にお過ごしでしょうか。代表の佐山です。前回の建築日誌から約1年半がたち、生活の様式も大きな変化を迫られました。戸惑うこともありますが、私もDIPのスタッフも、建築に向き合う気持ちは変わらず、お陰様で忙しい日々を過ごしております。

 

3月には、お打ち合わせ中のお客様と共に茨城県つくば市にある、kitchenhouseつくばショールームへ足を運んでまいりました。

 

kitchenhouseとは、日本のオーダーメイド型のキッチンブランドで、海外製の水栓や食洗機もオーダーの段階から組み込んでくれるなど、キッチンにこだわりたい方にとっては、大変魅力のあるブランドです。

建築家 隈研吾氏デザインのキッチン『IRORI』の展示も。

 

第一の目的は、お客様のキッチンを一緒に検討することだったのですが、つくばショールームの敷地面積は2700坪もあるらしく、その広大な敷地を存分に活かしして創られたkitchenhouseの世界観も、大変興味深いものでありました。

 

通常のショールームは、ショールーム内にある展示物を見せることが目的なので、外構にはこだわっていません。

ところがこちらでは、駐車場を降りると、印象的に積まれた三毳石のようなSTONE(石)が目を引きます。

 

 

石積みの間を抜けると、ゆるやかに曲線を描く石畳のアプローチが。

 

 

アプローチを歩きながら眺める緑豊かな植栽の中には、樹齢100年のオリーブの木も。もしかして・・・と思いましたが、これは、プラントハンターの西畠清順さんが手掛けたようです。

1つ1つは、凝った作りではなくシンプルなのですが、駐車場から建物に入るまでが、プライベートリゾートに入っていくような雰囲気があり、「キッチンを選ぶ」という目的で訪れたのでは無く、「ゲストとして招かれた」と想える演出に、新しいショールームの魅せ方を感じました。

 

「良い建築は、アプローチから素晴らしい」という持論がありまして、DIPでもアプローチを素敵に作ることを大切に、設計・デザインをしています。

家は住む場所なので、多くの方がそこから学校や会社に出かけ、また帰ってくる。アプローチは、家と社会とをつなぐ場所です。出かけるときは晴れやかな気分に、疲れて帰ってきた際は、気分をリセットして自分に戻れるような場所にしたいと考えております。

 

ショールーム内は、ゆったりした空間に、キッチンとそれに似合うインテリアも合わせて展示され、上質な空間が広がっていました。キッチンそのもののデザインが美しいのはもちろんなのですが、展示の方法で、生活のイメージや憧れも大きく膨らみますから、ご一緒したお客様もとても楽しそうなご様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示されている照明やグリーンの商品名を一覧表としてテキスト化されていた事も、お客様に対する細やかな気遣いを感じます。

食器・カトラリーに至るまで、ライフスタイへの提案力とデザインへのこだわりが感じられます。

 

kitchenhouseには、GRAFTEKT(グラフテクト)というパッケージ型の姉妹ブランドがあり、こちらの展示もつくばショールームで見ることができます。

 

kitchenhouseはオーダーメイドということもあり、お値段の面では高額な部類に入ります。一方GRAFTEKTは、決められた選択肢の中から選ぶパッケージ型、WEBで見積もり~発注を行うなどの仕組みにより、現実的な価格でデザイン性の高いキッチンが検討できます。そういったパッケージ型であっても、Miele(ミーレ)やBOSCH(ボッシュ)などの海外製の食洗機を入れることができるのは、魅力的かもしれません。

Mieleの食洗機。無駄のない、シンプルで美しいデザイン

そうこうしているうちに、あっという間に3時間以上が経過。

建坪600坪という広いショールームの中は、インテリアのデザインや素材の使い方、空間の見せ方など、接客に至るまで、他のショールームでは感じられない洗練された空気が感じられました。故に、他メーカーの担当者も視察によく訪れるとの事です。

今後はDIPのデザイナーも、御担当する建築主様に同行いたしまして、設計プランの中でこのメーカーが機能的にも、デザイン的にも適合するかご提案させていただきます。

また、DIPではお客様のアイデンティティーとライフスタイルを熟考し、多様な選択肢の中から、丁寧なご提案をしております。kitchenhouse・GRAFTEKTのキッチンもご提案に加えながら、最適な答えをご一緒に探求して参りましょう。

2019.08.30

素材探求の旅 宮城 DATE-KANSTONE

LESLIE KEE も撮影に使った石のアトリウム。photo by sayama

 

 

皆様、お変わりなく元気にお過ごしでしょうか。5か月ぶりの建築日記ですが私もDIPもスタッフも大変忙しく日々設計とデザインと打ち合わせと現場を東奔西走して作品創りを進めさせていただきております。

盛夏の8月に宮城県に行ってきました。理由は、どうしても使いたいSTONE「石」があったので。

原石の採掘場や加工仕上げ場も拝見しましたが、最大の目的は間もなく完成する建築の、重要なアート作品(Art work)になる石を選定するためです。

大蔵山スタジオ様 本社アプローチ

 

 

広大な敷地内にあるアート作品         photo by sayama

 

 

伊達冠石は安山岩に属する火成岩で、写真のように表面は茶褐色のようなタンカラーのベルベットのような独特の色具合です。ご案内いただいた村上統括マネージャーによるとマグマの鉄分が2000万年の月日を経て酸化し、それによって表面が鉄褐色を帯びているそうです。しかし、内部は漆黒色なんですね。原石も拝見しましたが一つの単語では表現できないくらい、様相と文様がすべて異なる、しかし味わいのある素材ばかりでした。

DIP 森へひらく平屋  01

 

 

DIP 森へひらく平屋 02

 

 

8月末に完成するこの「森へひらく平屋」アプローチエントランスに景石として使用いたします。原石のまま使いますので景石とは言わないかもしれませんが、村上マネージャーと高木さんのお蔭で素晴らしい形と表面色の原石を見つける事ができました。私の好きな、イサムノグチやヨウジヤマモトも、この石とつながっている事が冠石に敬愛の気持ちを抱く理由です。

そもそも石はプリミティブ(原始的、未発達、粗野)な素材です。しかし、工業化され均一化した建材や素材は悪くはないけれど、それだけでは叙情的ではないですね。

栃木県にも大谷石をはじめ、三毳石、芦野石、岩船石、など良質な石素材があります。  どの石もデザインし、使わせていただいておりますが、伊達冠石は他の素材にはない、圧倒的なプリミティブさと、それゆえに建築家・彫刻家たちアーティストの創作に対する探求心を刺激する「stone」なのです。

 

 

 

2019.03.12

自然から、これも自然へ(那須から京橋へ)

那須の邸宅(仮称)

 

 

 

冬の那須はとても寒いです。しかし、空気が澄んでいて呼吸をすると新鮮な酸素が身体を巡り気持ちが落ち着きます。  久しぶりの建築日記ですがみなさんお元気でしょうか。 わたしは相変わらずに設計・デザイン・打ち合わせや、素材探求の旅をしています。那須の邸宅もガレージと庭園を残すくらいになりました。春にはGalleryのような建築群が見て取れると思います。

ホールのピクチャーウインドウ

 

 

 

書斎へつづく扉

 

 

 

 

 

このテーブルは  THE LIVE EDGE (MASTERWAL)。

世界で一枚のライブエッジ(一枚板)です。木目の美しさ、その手触り感、そして空間に溶け込み過ぎない存在感。素敵な器と美味しい料理がより引き立ちます。那須の四季にも違和感はまったくありませんね。

 

 

 

東京駅壁面緑化

 

 

 

光と雨はあるけれど、無機質な空間に施す緑化デザインの仕事を進めさせていただいております。八重洲口のグランルーフ下にある階段わきの壁面緑化を見てきました。写真の植栽は全て自然の木々、植栽なのでもちろん自動灌水が整備されています。屋上庭園もよいですが壁面の緑化はデザイン的に非日常性があります。普段はグランドカバーとして視線を見下げる場所にあるものが水平に「観る」ことがその理由かもしれません。それがイミテーションでないことが心象に残るのでしょうね。 那須の自然にはない、もう一つの自然を感じました。これも素敵な自然です。

 

TokyoSquareGardenの屋上緑化

 

 

 

 

CALENDAR

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Life and Story Life and Story 二世帯バリアフリーリフォーム 家族の夢へと踏み出す「住まいの設計提案」 外構デザイン PDFカタログ「DIP通信」無料ダウンロード 旧ブログ過去記事

【対応エリア】
栃木県(宇都宮、佐野、小山等)
栃木県外でもご相談ください。

RSSフィード
DIPトップページへ