Dip佐山の建築日記の記事一覧

2017.07.21

宇都宮市の中心部に暮らすということ。  城址公園の家

城址公園の家 2017年春竣工

 

 

 

宇都宮市の中心部ということは栃木県の中心地域という事。行政や病院、デパートや教育機関、駅やバス停、商店街など生活に必要なインフラはほとんど整っています。そんなエリアで暮らす斉藤様ご夫妻の家が今年の春に竣工しました。城址公園から歩いて1分もかからないところです。

 

 みなさんは宇都宮市の中心部で暮らしせるとしたら、どんな暮らしがしたいですか?

 

私は、中心部で自分らしく暮らすには「晴」ハレ と 「褻」ケ、 「formal」  と  「informal」の区別を強くすることが大切ではと考えています。ハレとは街のこと、家から外のエリアですね。晴れがましくもあり心構えや身なりも表向きで大勢の人とすれ違うおおやけの場です。ケとは家や敷地の中の事。自分たち固有のエリアです。おおやけでなく、よそゆきでもなく日常的で穏やかな場です。

外と内。  生活にけじめをつけると自制心が保たれ自分らしく暮らせるのではないでしょうか。時 と 所 と立場は時処位といいますが晴れの場と褻の場を分けて暮らしてみると長く心豊かに人生が送れると思っています。反対に晴れの要素を自分固有の場所に持ち込みすぎると家族の絆が薄れ、生活に疲れすぎてしまいそうですね。

 

斉藤様のご自宅は、リビングからつながるオープエアーのルーフテラスが素敵な空間です。外の喧騒も感じられず家族の大切な時間をここで過ごされていらっしゃいます。夕刻にはキャンドルライトでお酒をいただいたり、晴れた週末にはお子さんとDIYやプール遊びをしたり、リビングのソファーでは奥様が優しい笑顔でくつろいでいらしてたりと・・・。何者でもなく家族のための贅沢で貴重な空間がそこにあります。お散歩がてらのお買いものには、少しお洒落をして出掛けられるのもいいものです。車に頼らない生活は都会的で人間らしい生活なのかもしれません。

リビングとテラスの一体感

 

 

 

 

2017.07.12

素材探求の旅  表参道から東京駅 その2

 

原宿のアドバンショールームへ。キッチンから水廻り、床材、タイル、外構etc、幅広く取り扱う商社です。サンワカンパニーとは少しテイストが違う商品がありますね。私が気になった商品をアップしてみました。上の写真は洗面ボールです。ワンボールなのに2つ水栓が付けられる商品はなかなかなく、ちょうど探していたのでチェックしてみました。周りの大理石やミラーはもう少しシンプルな方がいいですね。

 

 

姿見にもなるミラーキャビネット。ドレッシングルームに1つあるといい感じです。反転させると・・・

 

こんな感じです。キャビ側もミラーなので飾り棚としても綺麗

下の写真は壁の仕上げ材。concreateという素材で600×1200で厚みはわずか4ミリ。最近また流行っている錆鉄風の仕上げができます。目地のとり方でイメージがかわりますね。

 

こちらはメガスラブという商品で、800×2400と1200×3600の大判のセラミック。リクシルのセラミックキッチンが人気ですが、これを使えばオリジナルのセラミックカウンターキッチンも可能です。レジデンスのエントランスホールにも上品で高級感があるでしょう。

 

これはレンガや自然石を外壁などに張る場合のリブラス工法。珍しくはないですがちょうど使う用件があったので。外壁の自然石も恒久的に美しくなります。

 

 

オーバースライダー跳ね上げバージョンのTORENTINO  GARAGE  DOOR。動きもスムースですが閉まるとパネル中央のドアが開閉するのが使い勝手いいですね。

 

 

 

 

 

アドバンの最後は暖炉のマントルピース納まり。こちらもちょうどデザイン中なので。炉開口を広く見せるのがポイントです。

 

 

東京駅に戻る前にミッドタウンの茅の舎さんへ。

 

 

 

 

 

イートインスペースには  F U T A G A M I  の真鍮黒むらペンダントが吊ってあります。少々グレアあり。

 

 

 

THE TOKYO STATION HOTEL で素材探求の旅もラストです。何度か利用していますが相変わらず廊下が長い・・。疲れていると部屋まで歩くのが本当に遠く感じます。

 

 

客室はヨーロピアン・クラシックスタイルを基調としていますが、バスルームも、クラシックでありながら「快適性」を追求した落ち着きのあるデザインでした。スタルクがデザインした使い勝手の良いStarck 3 のアンダーカウンター洗面ボウルが使われています。デュラビット製ですね。

 

 

2ハンドルの水栓はイタリア有数の水栓金具メーカー、 ズケッティーです。掴みやすいですよ。

 

素材探求の旅は今後も続きます。またご報告いたします。

 

2017.07.05

素材探求の旅 表参道から東京駅へ その1

 

おもはらの森

 

 

東急プラザ表参道原宿へ。屋上庭園を現在設計中なので2年振りくらいに訪れてみました。おもはらの森は元気に樹木や下草が育っていて、曇天でも風が吹き抜けて気持ちいい空間でした。樹脂デッキの無機質な感じは否めませんがパブリックな庭園ではあり得る選択肢ですね。

おもはらの森

 

 

神宮前交差点

 

 

 

おもはらの森から階下を見ると明治通りと表参道の交差点が見えます。遠くに丹下先生の代々木第一体館も少し見えますね。都市と植栽(緑)はお互いを引き立てあいます。デザインをするときには無機質と有機質のバランスをいつも考えますが都市を形成する街づくりにも緑は重要ですし、街を構成する建物とその外構にも緑が大切ですね。公開空地のような街に寄与する庭づくりも美しい建築には必要だと思っています。DIPの事務所は栃木県庁から3kmくらいの場所にありますが窓から見える風景は「おもはら」とは違い、自然豊かな森です。 次回は素材探求東京編その2です。

DIPからみえる森

 

 

2017.06.27

ものづくりの喜びと、対話への御礼

郷山に佇む素材豊かな平屋/土間空間

 

 

 

6月24日、25日の見学会はとても感慨深い時間が過ごせました。

日々の設計や、作品づくりの多用さを理由に三年ほど見学会を開催しておりませんでした。施主の大島様ご夫妻のご厚意や事務所移転後1年して環境も充実したこともあり今回の企画を実行した次第です。

「ゆるやかな、対話ができる見学会にしたい。」というのが三年ぶりのこの企画のコンセプトでした。現在設計中のお客様とは素材や空間のイメージなどを対話させていただき、平屋や終の棲家を想うお客様とは、家づくりへの夢やこれからのライフスタイルなどについてお話させていただきました。

お客様と設計の打ち合わせ時、わたくし的には笑顔でありながらも真剣勝負のように気持ちが張りつめていますが、今回の2日間はゆったりした意識で会話でき、違う角度で設計中の作品も思考できたように思います。良いアイデアが生まれたような気持ちです。 次回は8月初旬頃に「クールモダニズムですが上品な自然素材を使用した平屋」をご観賞いただけるよう施主の方とお話し中です。

「ゆるやかな見学会」に、ぜひお運びください。

郷山に佇む素材豊かな平屋/アプローチ

 

 

2017.06.04

五月晴れの祝い・ 子供たちへの継承と記憶 ・ 進行中現場にて・・

 

 

五月晴れの好き日。 上棟式が行われました。

棟梁の祝詞 → 投げ餅 → 直会(宴会)、と正式な建前です。

地方によって内容に多少違いはありますが、施主の方の想いは一緒。

工事の安全 /   建物の無事の完成 /   職人への感謝 /  地域や親族へのご挨拶など。

今回は施主の方の強いお気持ちもあり、上の写真のようなお菓子や祝い銭、紅白餅

などをまく投げ餅の儀式もありました。現在、30代の方でも幼少の頃には近所で同じような

「建前」があったようですが、今の子供たちが大人になった時にそのような記憶を持っている人は

とても少ないのでしょうね。

正式な上棟式を誰もが行うのはなかなか難しいことですが、建築の世界に身を置く人間としては、

ものづくりの過程で、  お金を出す人(施主)、思考する人(設計者)、形作る人(専門職人)

が「良いものを創ろう」という思いを共有する瞬間を残してゆきたいですね。

現場定例打ち合わせ会は真剣な場ですが、節目に一緒に祝い、ご飯を食べ、語らう、というのも

大切なのだと改めて想う一日でした。施主の方に感謝。

下の写真は今回、上棟式を行った住宅のスタディーモデルです。

 

 

 

CALENDAR

2021年10月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Life and Story Life and Story 二世帯バリアフリーリフォーム 家族の夢へと踏み出す「住まいの設計提案」 外構デザイン PDFカタログ「DIP通信」無料ダウンロード 旧ブログ過去記事

【対応エリア】
栃木県(宇都宮、佐野、小山等)
栃木県外でもご相談ください。

RSSフィード
DIPトップページへ