Dip佐山の建築日記の記事一覧

2017.05.27

建築・ 旅・ もてなしの地へ・・・cap2

鈴木大拙館 夕景

 

 

 

 

 

 

建築の旅、つづきです。

金沢の目的は谷口先生設計の鈴木大拙館を見たかったから。それと21世紀美術館との「差」を感じたかったから。

インド~中国~日本、 禅を含んだ東洋思想を分かりやすく国内外に広めたのが鈴木大拙。

「禅とは自己の存在の本性を見抜く術であって、それは束縛からの自由への道を指し示す。

言い換えれば、我々一人一人に本来備わっているすべての力を解き放つのだ、ということも

できる。」  

と鈴木大拙は語っています。   これを読んだときに、最近話題のマインドフルネスの考え方に

近いな、と感じました。  皆さんはマインドフルネスやったことありますか?

スティーブジョブズも禅の思想や哲学に影響を受けていたのは有名ですね。

禅の本をホンのヒトカケラ読むと、その思想と谷口先生の無駄のないシンプルで美しい建築が共鳴してくるのがわかります。

忙しい日常から離れて自己を見つめる機会を与えてくれる空間です。

 

鈴木大拙館 昼景

 

 

 

 

シンプルなサイン

 

 

回廊

 

 

 

 

 

全体図

 

 

 

 

 

見切りと目地

 

 

 

 

水盤内の石目地と見切りステンレスの位置が通っています。京都の平成知新館でも同じ納まりでした。

低い天井

 

 

 

 


下の写真は21世紀美術館のオープンスペース。その下の写真はマイケル・リンの加賀友禅をイメージした

壁画。人気のスペースなので人が沢山いました。特に女子が。

大拙館とは対照的に21世紀美術館は来館者もとても多く、本当に10代から20代くらいの若い人が多かったです。大拙館では20代らしき人は見かけませんでしたね。21世紀美はほぼ観光地化しているようですが

積極的にアートに触れるのはいいことですね。個人的な感想は曲面の壁やガラスがどれだけドラスティックな空間になっているのか楽しみにしていたのですが天井が高いだけで、何か大味な空間でした。

美術館って少し緊張するような心持で、作品を感じながら自分の感想を想い巡らす場所、というのがわたしの中での美術館像でしたが、良い意味で真逆の空間でした。妹島さんや西澤さんの設計の思想はそういうところにあったのかもしれませんね。

 

 

対照的な二つの建築ですが、

やはり設計やデザインには「思想(コンセプト)」が大切だということが確認できました。

 

 

21世紀美術館

 

 

 

 

マイケル・リンの壁画

 

 

 

 

2017.05.23

建築の空気感・・  施主検査を終えて

栃木県南部にて、進行していました平屋の住宅です。

週末に施主の方ご夫婦による完成検査を行いました。上の写真は中廊下にあるハイサイドライト(高窓)です。

中廊下が存在する住宅プランは最近では貴重ですが、今回設計させて頂きました住宅の中廊下の長さは18.2mあります。つまり10間ですね。自然光の陰影も綺麗。東西の妻面にはハイサイドがあり朝陽と夕陽を家の中心に届けてくれます。

 

 

リビングの勾配天井と水平梁。

ラワン材の強すぎない木肌の色は端正です。

 

 

 

こちらの空間は本当は能動的に使う「場所」なのですが、とても 凛 として静的な空気感が漂っていました。理由はきちんと有るのですが後日また書かせていただきます。

 

 

インテリアは端正で上品な感じですが、外観は土着的でありシンプルでも有ります。玄関前。

 

良質な建築や住宅には、内部と外部の素敵な差異感があったり、空間によって微妙に変化する幾つかの空気感があります。自分に似合う素敵な洋服をまとうと気持ちが高揚するように、お施主様にも喜んでいただきました。

ご夫婦の優しいお人柄、アイデンティティーが表現できたように思っています。

 

 

 

 

2017.05.11

建築 ・ 旅 ・ もてなしの地へ・・・cap1

 

 

春の桜が咲く少し前に金沢とその近郊に行ってきました。

心に響く建築やアート、食や宿のおもてなしを探求する旅。

「もてなしドーム」と銘打つ門構えがあるだけあり、街の各所や人々が一つにまとまっている印象でした。

数回に分けて旅情をお伝えできればと思います。

最初にアップした写真は谷口先生設計、鈴木大拙館の思想空間です。外観も美しいですので後日アップいたします。

開口部の中心からコンクリートの化粧目地、照明、トップライトと

プロポーションデザインの素晴らしさが際立ちます。外の水盤が見えますが、黒壁の中で切り取られた絵の

ようで自然の移ろいを感じることができました。

上の写真は間接照明が綺麗につながっていますが、下の写真を見ると照明のジョイント部が

少し影になっていました。炎のようにも見えるのは瞑想空間の演出なんでしょうか。

シームレスの使い方と照明デザイナーを調べてみます。

 

 

 

 

;

2017.05.02

MOON CHAIR

 

 

 

設計させていただきましたお客様のご自宅に、先日お伺いした際に置かれていました椅子です。

椅子=家具なんですがこの作品は東京藝術大学のTAKURO・FUKUDA氏が卒展の作品として

制作された一品です。  もともと広いリビングなのですが、違和感なく配置されており、最初から計画されて

いたかのようなこのMOON CHAIRとリビングライブラリーの空間が素敵でした。

本当に座れるのだそうです。

個人的には、作品も素晴らしいのですが、素材がシナベニアを使われていたのが柔らかさと洗練さを

醸し出していていい感じでした。これがチークの突板などでできていたらいかにもプロっぽくて

キュートさがなくなってしまうかもしれないですね。フレッシュな感じや最初に考えた思想(コンセプト)は

大切です。

先生と奥様がこの椅子に座っている姿はよいポートレイトになりそうだなぁと想いながらご自宅を後にいたしました。

 

 

 

 

 

 

2017.04.27

ジェームズタレル ト クマサン

旅の続き。

南魚沼市から十日町市へ。越後妻有トリエンナーレの作品が点在する町に

タレルの作品があります。光の館。

東北の震災の直後、計画停電で照明や電化製品、日々の生活や仕事と

電力とのかかわり方に関心がもたれた事は皆さんも記憶に残っているとことと思います。

その頃、私は谷﨑潤一郎の「陰翳礼讃」を読み、偶然にもこのタレルの作品を雑誌で目に

しました。タレルの作品は直島の地中美術館や家プロジェクトの南寺で体感してきましたが

ようやく新潟へ行くことができました。

来館者は誰もいなくスタッフの方に説明を受けながら作品をゆっくり観賞できました。

天井を見上げながら思い起こされたのは計画停電の時に工夫して使用したキャンドルや

節電、電気のありがたさ、そして災害にあわれた方々のことでした。設計デザインする中で自然光のあつかいは大切ですね。

天井が閉じている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半分開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全開口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲がながれて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井が閉まりはじめる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


十日町を離れ新潟県内の隈さん作品巡礼。

陽の楽屋

 

 

 

アオーレ長岡

 

 

 

谷口先生とはまったく違う建築。隈さんは偉くなっても小さい店舗やテナントも手を抜かずちゃんとデザインするのが好きです。以前、品川のPIGMENT(ピグモン)に画材を買いに行きましたがインテリアよかった。

 

 

 

CALENDAR

2021年10月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Life and Story Life and Story 二世帯バリアフリーリフォーム 家族の夢へと踏み出す「住まいの設計提案」 外構デザイン PDFカタログ「DIP通信」無料ダウンロード 旧ブログ過去記事

【対応エリア】
栃木県(宇都宮、佐野、小山等)
栃木県外でもご相談ください。

RSSフィード
DIPトップページへ