DIP

里山に佇む素材豊かな平屋

取材作品

陽光に包まれて自然のある暮らしを楽しむ

緑豊かな里山に凛と建った家。南向きの開口部は、アプローチからデッキ、ポーチ、室内へとフラットに繋がって行く。40代のO様御夫妻が、栃木県の南部にある大平町に建てた家は、切妻造の大屋根が見事なシンプルな平屋だ。

「もともとこの周辺が地元で、幼少の頃から親しみや愛着があったんです。理想としたのは自然と共存するような暮らしを楽しみながら、とにかく住み心地がいいこと。家族4人が明るく健康に暮らせる住まいをお願いしました」(O様)

そこで、DIP佐山さんは広い敷地を活かし、周りの景色との調和を考えた平屋建てを提案。O様御夫妻も平屋のメリットは最初から理解されており、家づくりは順調に進みました。

「内装や建材に関しては、基本お任せです。DIP佐山さんはひとつ一つをしっかりと丁寧で細かいとこまで目が届く。そんな彼が作るものがハズレることはないだろうなと思って、全面的に信頼していました」(O様)

住む人のことを慮りながらコンセプトをたて、お客様とともに家づくりをしていくのはDIP佐山さんの真骨頂。完成したO様の邸宅に大げさな装飾は一切なく、DIP佐山さんの描く図面はシンプルそのもの。深い庇に瓦屋根、漆喰の壁に、ヒノキのフロア……。 昔からある親しまれてきた素朴な自然素材にこだわった温もりのある家に仕上がっている。

階段や段差のない長方形の平屋。といってしまえばそれまでだが、随所にDIP佐山さんの心配りが感じられる。例えば、屋根と開口部のバランス。屋根をふたつに分け、本来屋根であるべき部分を庇にすることで、日差しが部屋の奥まで届くようになり、全体的に部屋を明るくさせている。また、下屋にすることで雨がかからないようになっているのもちょっとした嬉しい点だ。

この家のもうひとつの特徴は、土間の美しさ。田舎暮らしにとって土間は大切な触れ合いの場であり、この場所で近所の人が話し込んで行くこともしばしばあるそうだ。

栃木県宇都宮市北西部にて江戸後期から採石されてきた大谷石を配した床の上には天然木の机と椅子を設置。開口部もたっぷりと大きく窓を取り、閉塞感は全くない。来訪する人を歓迎してくれるかのようなオープンな雰囲気すら漂わせている。一般的な土間といえば、玄関の延長線上といったイメージだが、引き戸によって仕切っておりプライバシーにも配慮されている点も若い世帯主にとってはありがたいはずだ。

さらに目を引くのは場を和ませる絵画だ。飾ってある絵は、岩舟出身の染画家・加藤千代さんが手がけているという。

「この絵は加藤さんが主催しているNPOを通じて奥様がお知り合いになられた縁から、家が完成したら作って欲しいとお願いしてあったそうです。設計初期の段階で加藤さんにお願いする予定で、絵を飾るスペースを作っているんですよ」とDIPの佐山さん。

「家の後方にそびえ立つ岩船山に夕日が落ちていく様子を眺める家族の姿を描きました。加藤さんから絵に込められたエピソードを聞いたとき、感動して泣いてしまったのを覚えています」と、妻のO様。

シンプルなたたずまいなのに、それ以上の意匠を感じることができるO様邸。確かな素材に裏打ちされた空間としての美しさとクオリティの高さに感心させられる。都会の住宅地ではまず実現不可能なこの設計は、深い緑と青い空が似合うこの土地だからこそふさわしいのではないだろうか。

この場所だからできたことがもう1つある。この広い土地を基に、周囲に家族が楽しめるよう自然と遊ぶ余地を残したのだ。

「最初から要望のあった家庭菜園を始め、その土地の暮らしを楽しんでいただけたら本望です。最近ご主人はピザ窯を作って家族で楽しんでいるとお聞きしました。人生の中で最も長く過ごす場所でもある建物は、家族の成長や作り上げてきた暮らし、そのすべてを包み込んであげるものでしょ? この家なら自然に囲まれて暮らしている中で、家族のあたたかさやつながりを強く感じられ、絆もどんどん深まっていくのではないでしょうか。この家は人生を彩り豊かにする家であってほしいと、私たちDIPの願いが込められています」(DIP佐山さん)

  • 作品名

    里山に佇む素材豊かな平屋

  • 所在地

    栃木県栃木市

  • 家族構成

    ご夫婦、姉妹

  • 居住年数

    2年

  • 延床面積・間取り

    168.52u(51.02坪) 6LDK

  • 居住タイプ・構造

    木造平屋建て

  • 価格

    家づくり相談をいただいた方限定でお教えしております

  • ご趣味

    ご旅行、家庭菜園、ピザ窯を利用したお料理