DIP

空と光でつながる家

取材作品

人を招く土間、外とつながるダイニング。平屋暮らしをいっそう楽しく

鹿沼市で農業を営む和久井さんご夫婦。彼らの住まいは、窯業系サイディングの外壁とガルバリウム鋼板の切妻屋根がかわいらしい平屋建て。土にこだわり、有機肥料をおしみなく使って育てた甘いとうもろこしや野菜などを育てる農業を営んでいる。

代々農家という旦那様の実家の敷地内に建てられた和久井邸。

「平屋にしたいということ。それ以外はシンプルで素敵な空間を考えてください」といったようなオーダーでお任せいただきましたと話すDIP佐山さん。そうして設計されたのが、今回の使いやすいコンパクトな平屋建ての住まいだった。

まず、予算やメンテナンスの観点から平屋の外壁を窯業系サイディングにして構造的な強さを担保。そのうえで、農業を営む夫妻が暮らしやすい工夫を凝らしている。

例えば外景。リビングの北西に造成された庭はたっぷりとスペースを取り込み、時には作業ができる空間とした。リビングに続く小上がりを設け、内と外のつながりや一体感を持たせている点も便利だ。

庭から入る柔らかな光。さらに土間の壁際や手洗いスペース、キッチンなどにも小さな窓があり、いろいろなところから細かい光が入って来る。「時間とともに光が移ろいでゆくのを感じることができます。天候の機微は農家の方にとって欠かせないと思ったので!」とDIP佐山さん。

そしてもう一つ、土間の存在だ。農家において土間は、昔から住まい全体の中で非常に重要な位置を占めている。もちろん農家である和久井さんの暮らしにおいても土間が果たす役割は大きい。現代の土間は、西欧風家屋にもマンションにも備え付けられることもあり、昔よりもフレキシブルなものになっている。

「夫婦のライフスタイルを考えたときに、暮らしや趣味、仕事を繋ぐ重要なパーツとして「土間」が有効な手段だろうと思いました。機能的にも意匠的にもですが、「パブリック」と「プライベート」の曖昧な空間として使っていただけたらなと。近隣の住人や友人たちが気軽に家に立ち寄れる。そんな空間があると、日々の暮らしはもっと楽しくなることでしょう。仕事はもちろん、立ち寄った人と軽い会話を交わしたり、親しい来客が来た時には一緒にお酒を飲んだりするのも悪くありません。コミュニケーションの場として心地よい時間を過ごして欲しいですね」とDIP佐山さんは言う。

また、天井高がほかの空間よりも一段高いこともあり、広がりのある印象を受け、開放感溢れるスペースになっている。真鍮の照明に、天井の化粧梁や厳選された木製の家具。そんな作り込み過ぎない空間は、居心地も良く、訪れた人はついつい長居してしまうこともあるという。

土間以外にも、和久井さん宅は奥様のこだわりを反映させ、好きなものばかりで空間を統一。シンプルでありながら温かさがあるアットホームな雰囲気だ。玄関には、アンティークで購入した棚を。水回りには、富山県高岡市の老舗鋳造メーカー「FUTAGAMI」の棚受けやタオルハンガーなど、経年の味わいを活かす素材や建具などのパーツにもこだわった。

「心地よく暮らすために、余計なものは極力持たないようにしています」と話す奥様だが、感性を活かした飾り付けを楽しみ、ドライフラワーやフラワーリースなどがシンプルな空間を華やかに彩っている。家具の少なさも相まって、暮らしが豊かになるものだけを見極めているのだろう。

リビングに目を向けると、大きなワンルームのような造り。2本の調理カウンターが平行に並んだII型キッチン、そこに接するダイニング、間仕切りがないうえに、庭へ向けて大きな開口を採り入れたことで、その開放感は格別である。

ふたりの意志を丁寧にくみとった結果、完成した和久井さん宅。農家には欠かせない土間や縁側があり、家族が集まるLDKには陽光がキレイに差し込む。そんな邸宅で今日もシンプルで本質的な暮らしを楽しんでいる。

また、玄関アプローチの枕木や植栽は、夫妻自らの手で作成したという。家づくりに参加することは大変だが、家への愛着をより強めたことだろう。

  • 作品名

    空と光でつながる家

  • 所在地

    栃木県鹿沼市

  • 家族構成

    ご夫婦、ご長男

  • 居住年数

    3年

  • 延床面積・間取り

    90.65u(27.45坪) 3LDK

  • 居住タイプ・構造

    木造平屋建て

  • 価格

    家づくり相談をいただいた方限定でお教えしております

  • ご趣味

    アンティーク雑貨インテリア収集