DIP

シンプルライフと素敵ご夫婦の家

取材作品

機能的で飽きのこない、自分だけの空間を徹底的に追求

ガルバリウム鋼板のシンプルな外観に、古くから石蔵などに用いられてきた栃木県産の大谷石を敷いた玄関アプローチが印象的な岡本邸。存在感を見せながらも地域の伝統的な素材や植栽を用いることで街並みに溶け込むよう考えられている。

「住まいは大きな買い物です。満足するものを建てたい気持ちとエンジニアという職業柄か、建築模型をいっぱい見せてくださいと無茶なお願いをしてしまいました」と振り返る岡本さん。隅々まで自分好みにカスタマイズした開放的なリビングとお気に入りの家具に囲まれ、日々心豊かに過ごしているという。

土地を最大限に有効利用させつつ、プライバシーとセキュリティ性能を確保。シンプルで恒久的なデザインを目指し、設計は進んだ。ガルバリウム鋼板を使用した外壁は錆びにくく耐久性抜群。素材自体も軽く耐震性に優れているため、人気の素材である。また大谷石を用いた外構がその印象を和らげてくれる。

大谷石で紡ぐ玄関と庭。家を挟んで伸びるアプローチは南北に道路があるからだ。南側の車寄せから板塀に沿って路地風のアプローチを抜けると、裏庭とも呼ぶべき北側エリアへ。それによってもたらされた“ゆとりのある空間”は、周囲に同じような高さの住宅が立ち並ぶ中でも充分なプライバシーと光と風を室内にもたらすのにひと役買っている。

「趣のあるアプローチの作成はDIPの永遠のテーマというべきもの。岡本邸で面白いのは北側の敷地は公道で車がすれ違う際のスペースがあることですね。芝の仕切りがあるおかげで車の余計な侵入を防ぎます」と話すDIP佐山さん。この区分けは無用な事故を減らす効果があるとかで、その町内で表彰された。

暮らしの中心は1階のLDK。室内に入ると外観の無機質な雰囲気とは打って変わりプライバシーの確保と解放性が両立した気持ちの良い空間が広がっている。吹き抜けになっているLDKの天井も大開口の窓と相まってさらに開放的な気持ちにしてくれる。

「新築を機に大画面テレビで気軽にホームシアターを楽しみたい」。旦那さまの希望で、空間の主役にはホームシアターを。導入するにあたって距離やモニターの大きさ、スピーカーや配線の配置など打ち合わせの段階からイメージや希望を伝え形にしていく。

お部屋を取り囲むスピーカーや映像機器、AVアンプ等を普段の生活空間に違和感なく溶け込むよう設置。家族みんなで映画を楽しんだり、音楽に没頭したり……。一日の最後に疲れた身体を休めながら夫婦で大好きな映画を観る。何とも幸せな時間である。

家具も家の一部。ホームシアターもそうだが、 大切な食事の場であるダイニングテーブルも今回造作したとDIP佐山さんは言う。

「岡本さんの方でなかなかイメージに合うダイニングテーブルがなく、こちらで造作させていただきました。色や素材どんなインテリアがいいか、こだわるならとことんこだわったほうが満足するのは間違いありません。好みのインテリアが見つからない場合は、家具をオリジナルで造作するのも選択肢のひとつだと思いますよ」。

冬になれば、アメリカを代表するバーモントキャスティングスの薪ストーブ「デファイアント」が活躍する。リビングの中でひときわ存在感を放つこの薪ストーブは、薪の熱が直接天板に伝わるため、広く平らなストーブトップでの高温調理もお手のもの。煮込み、オーブン料理、直火焼きなど、ストーブクッキングの醍醐味が存分に味わえる。もちろん、広々とした部屋をパワフルに暖め、燃費に優れていることも忘れてはならない。

南に面して大開口の窓から入る光が柔らかく拡散し、木漏れ日が注ぐような明るい空間に。夜はやわらかく拡散する間接照明の灯りや炎の揺らぎで生まれる美しい陰影が、昼間とはまた違う顔をみせ、日々の暮らしを彩ってくれるだろう。

日常を快適に過ごすことを最優先にし、自分たちの居心地の良い空間を作り上げた岡本邸。住居としての快適性はもちろん、住まう方の趣味やライフスタイルに合わせたプラスαの空間づくりは、DIPの自由な設計が許されるからこそ叶うのである。

  • 作品名

    シンプルライフと素敵ご夫婦の家

  • 所在地

    栃木県宇都宮市

  • 家族構成

    ご夫婦

  • 居住年数

    9年

  • 延床面積・間取り

    170.58u(51.65坪) 3LDK

  • 居住タイプ・構造

    木造2階建て

  • 価格

    家づくり相談をいただいた方限定でお教えしております

  • ご趣味

    アウトドア・ご旅行・オーディオ