DIP

笑顔とドラムの家

取材作品

家族が繋がる内外空間と、機能的な空間構成

宇都宮市の東、宿郷というエリアに位置する石原邸。「DIP」の存在を知ったのはホームページからだったという。

「妻と話し合って、長く家族で暮らしていける家に住もう。でもそこにはウチらしい趣味や遊びの詰まった家にしたいよねって(笑)。そう思って色々探していたらDIPが候補に上がってきたんです!」と振り返るおふたり。さっそく申し込みをして、DIP佐山さんと打ち合わせをする頃には、すっかりお任せ状態になってしまったそうだ。

1階は生活の中心となるLDKで、2階が寝室などのスペース。階段を上がると、天井はむき出しの梁が印象的な明るい空間が現れる。2階のテラスも広く開放的で、なんと横幅は6mも取られている。上を望めばヌケ感のある空が、下を望めば中庭のウッドデッキを望める。実は奥さまの昔からの憧れのひとつに、アニメのワンシーンのように、洗濯物を一気に干して風になびかせたかったらしく、その夢を反映させた形でもある。

駅に近く商業エリアにある敷地は、周囲を隣家と2つの道路に囲まれている。商業エリアでもあり、ゆくゆくは周りに高いビル等が経ってしまう懸念があり、快適な暮らしを実現するためには、プライバシーの確保は最優先事項であった。

プライバシーを得るために、ガルバリウムの外壁と木材のルーバーで境界を作った外観が街並みの中で一際個性を感じさせる。その無機質と有機質の組み合わせは、時の流れとともに表情のある佇まいを見せるに違いない。隣家との程よい距離感を持たせ、プライベートな空間をつくり上げている。

「駐車スペースを2台分取る必要があったので、敷地自体はさらに狭まってしまいました。そんな中でも閉塞感を感じず室内でも外を感じられる空間をつくりたかったため、ルーバーを開けてすぐの場所に遊びのある中庭をつくり、採光と風通しを確保し、さらに6畳ほどのウッドデッキのような中庭を盛り込みました」と話すのはDIP佐山さんだ。

木材のルーバーは、石川県は金沢の茶屋街のシンボルともいえる出格子の木虫籠(きむすこ)をイメージ。これは弁柄格子とも呼ばれ、京都の町家に見られる一般的な格子に比べて、細く、狭い創りになっている。断面を台形にすることで、室内の暗さと外の明るさの間をうまく調和する機能をもたらしているというわけだ。

中庭を囲う大きな窓からは、家を立てる時に植えたシンボルツリーが広がり、くつろぎ感も満点。しかもキッチン側にはカウンターバーを設置し、粋な小料理屋のような雰囲気に。

「夫婦お互いにお気に入りの場所のひとつです。休日のお昼にくつろいだり平日仕事の後におしゃべりしながらお酒を飲んだり、楽しいひと時ですよね。素敵なレストランやバーもいいですが、自宅の方がより心地よい時間が過ごせます。庭の景色が眺められるのもいいですね」と石原さんもうれしそう。

夜になると、敷地の中庭は室内からの柔らかな光によって優しく照らされ、イロハモミジの輪郭が浮かび上がり、情緒的なシーンが生まれてくる。と同時に、内部の様子がなんとなく伝わってくることで、周辺環境との調和も感じられる個性的な都市型の住まいともいえるだろう。

実は石原邸、宇都宮における都市型住宅の典型ということもあり、住宅見学会の実例にぴったり。DIP佐山さんの方で何度も見学会を実施しており、毎回見学会に参加された方から賞賛されるという。

「二方向接道の整形地ですが敷地面積は決して大きくありません。でもこの建物の外壁材を現場に納品していただいた市内の建材問屋さんが、外壁材メーカーのフォトコンテストに応募して優秀賞を受賞したそうです。私たちもこの家を自信を持って送り出しましたが、ほかのメーカーにも認められて嬉しい限りです」とDIP佐山さんは振り返る。

日常を快適に送ることを最優先にし、施主が望む居心地の良い空間をつくりあげたDIP佐山さん。立体的な広がりを持ち、都市型住宅とは思えないくらい開放感のある豊かな住まいで、石原さん夫妻は遊び心に満ちた暮らしを満喫されているようだ。

  • 作品名

    笑顔とドラムの家

  • 所在地

    栃木県宇都宮市

  • 家族構成

    ご夫婦

  • 居住年数

    8年

  • 延床面積・間取り

    73.42u(22.23坪) 2LDK

  • 居住タイプ・構造

    木造2階建て

  • 価格

    家づくり相談をいただいた方限定でお教えしております

  • ご趣味

    バイク・音楽演奏