DIP

中二階のある家

取材作品

敷地環境に呼応することから始まった家づくり

地形を丁寧に読み解き、その土地に呼応するように作られたK邸。K邸が立つ敷地は、アプローチからやや競り上がり、ちょっと高台にあるのが特徴的だ。  

K邸ではこの起伏のある地形を生かすため、土地の造成を行うことはしなかった。DIP佐山さんはまず、敷地のなかでオーナーが暮らしやすいダイニングを高台の位置に決定。道路のある南側にエントランスを開きながら、ビルドインガレージを伴った中二階のある家を計画した。

道路に面したK邸は、白一色の外観デザインに青の門扉がいいアクセントに。ナチュラルなテイストを纏い、優しげで柔らかいデザインに仕上げている。道路に面した部分の窓は、奥まった場所に設定しプライバシーの高さを確保した。

また、長めのアプローチは最も地形を感じられるところ。起伏に沿って徐々に登っていく様な感覚を家に取り入れることで、暮らしの中でこの環境を体感できる住まいとなっている。このアプローチは玄関へと至る一方、かの茶人・千利休に残る『紅葉の逸話』を参考とし、一層の奥行きを持ったお庭が創出できるようにした。

植栽や枕木をはじめ小さなこだわりを積み上げた外構デザインは、その逸話に残る『侘び寂び』を体現したものだとか。

設計をするにあたって、家族の要望は言うまでもなく、地域性や敷地の特性などをリサーチしてその時々に相応しいデザインに落とし込むDIP佐山さん。

傾斜があるからといって、駐車場と居住エリア分断させてしまうのはもったいない。そう考えたDIP佐山さんは、今回その傾斜を取り込んだ中二階のある間取りを提案し、限りある土地面積を有効活用することに。スキップフロアとも呼ばれる中二階は、空間を広く見せられるうえにおしゃれな演出が叶うこともあって、人気の高い方法である。

家族のメインステージとなるリビング・ダイニングは、2面採光の大きな窓と柱のスリットの存在感が光る空間デザイン。L字型のワンフロア設計で、どこにいても家族を感じられる設計となっている。



リビングに差し込む光は、やがて階段に到達。白いスリットから漏れ出す陰影がいろいろな表情を見せ、美術館のような素敵な空間を演出する。家族の主要導線を果たす階段やリビングという役割に留まらず、インテリアのアクセントへと存在感を際立たせている。

中2階にあたる和室に上がり小窓を開けると、そこにはキッチンが。無駄のない洗練されたデザインが、ナチュラルテイストな住まいにぴったりだ。キッチンから声をかければ、子どもたちの様子を伺え、安心して見守ることができる。キッチンからも和室からも気配が感じられ、リビングとつながる立体空間が、家族のつながりを深めてくれるだろう。

お住まいになってからの感想を伺ったところ、奥様からは「以前は子どものおもちゃが散らかっていたり、自分のスペースがなくてストレスを感じていました。でもいまは毎日リラックスして過ごせます。特にキッチンの動線が良く、料理のしやすさも収納力も抜群です。ステンレス加工を得意としている広島の会社にわざわざセミオーダーしてまで作った甲斐がありました」と、おっしゃっていた。

いつでも外に出られるウッドデッキは、おうちでのアウトドアライフを実現。家族の遊びが無限に広がる空間である。窓越しに草花を眺めたり、子どもたちは気軽に外に出て遊んだり、時には友達を呼んで食事をしたり、使い方は自由自在だ。

「家族それぞれがどこで過ごすかを想定すれば、設計の段階で工夫を施せ、空間としてのデザイン性や住む上での心地良さは格段に上がる。そのためには敷地内外のつながりをプランニングの際に考える必要がある」と話すDIP佐山さん。

環境を最大限に活かしつつ、住み手にとって居心地の良い空間となったK邸。風通しの良いリビングが気持ちよさそうだ。

  • 作品名

    中二階のある家

  • 所在地

    栃木県宇都宮市

  • 家族構成

    ご夫婦、お子様2人

  • 居住年数

    10年

  • 延床面積・間取り

    55坪

  • 居住タイプ・構造

    木造2階建て

  • 価格

  • ご趣味

    車・ドライブ・お料理