DIP

遊び心をくすぐる家

取材作品

限られた予算をアイデアでカバー。
自分たちらしい住まいを実現!

自然の趣きが残る宇都宮市の住宅地「富士見が丘」。  

整然とした住宅が立ち並ぶこのエリアに居を構えるのは、美容師を営む野村さん家族だ。この家が完成したのは2003年ごろ。DIP佐山さんが会社を立ち上げたころに手がけた「那須塩原の家」と時を同じくする。

「まずは今回の予算や希望、イメージを伝え、それに対してDIPさんから色々な提案をもらい、何度も相談しながら決めていきました」(野村さん)。  

周辺の建物を観察すると富士見ヶ丘は、区画整理が進み周囲には同じくらいの大きさの家が立ち並んでいる。それは野村さんの奥様のご実家から引き継いだというこの土地においても例外ではなく、南東の角地と言う利点はあったものの、それを活かしつつ新しいアイデアを加える必要性があった。

「南側に大きな庭を作るというのができなかったんです。そこで道路に面している北側に2台分の駐車場と目隠しになるルーバー付きの庭を作りました」と話すDIP佐山さん。

いちばん人目につきやすい外装は、不変のクリーンさを持つ白とスタイリッシュな印象を強調するグレーを組み合わせたツートーンカラーに。外構の緑とも調和して、この家のデザイン性をさらに高めている。

そのデザイン性は室内に入っても止まらない。

まずお出迎えしてくれるのは、こだわりの完全オーダーメイドが光る格子戸だ。

これは玄関から一直線にリビングを見通せてしまうのを防ぐ役割を持つだけに留まらず、なんとアルファベットで「NOMURA」と彫刻。家族が寛ぐための部屋への第一歩を粋に演出してくれる。

そして何よりこのドアを通り抜けた先にある“木組み”のアクセントウォールは圧巻だ。工務店からかき集めたという木の端材を組み合わせて作ったという、おしゃれで実用的なテレビボード。

一つ一つ表情の違う木片を凸凹が出るようにボンドで貼り付けており、奥行のある空間を作ってくれる。お部屋の印象をグッと引き締めるいいアクセントになっているのだが、実はこれ、DIP佐山さん自ら、工事中に並べたものだという。

これらの凝った意匠は、家族やお客さまを迎え入れる野村邸の顔として役割を果たしている。

「バランスを取るのが難しくて、結構大変でしたね。実はこれは作新学院大学の校舎を建築家の隈 研吾氏がデザインしたときのを参考にしました。玄関を入ってすぐダイニングを見通せちゃうのがネックだったので、お金をかけずに何か工夫できないかなと」( DIP佐山さん)。

圧迫感がなく開放感のある空間を演出するスケルトン階段や、壁をくり抜き飾り棚を設置したのも遊び心のひとつ。



もちろん、デザインに遊び心を加えるだけでなく、暮らしやすさを左右する動線にも配慮。お気に入りのメーカーのキッチンや照明など、設備や素材の使い方にもこだわっている。

キッチンは、白い天板やダイニング側の白いタイルがモダンな雰囲気。カウンターテーブルは子どもの宿題スペースにも活用できそうだ。

リビングに設けたスケルトン階段は、開放感と豊かなデザイン性を創出。キッチンに立てば家族のいるリビングフロア全体を見渡せ、階段や壁、家全体をフレキシブルな遊び場にする子供たちとの声の掛け合いが聞こえてくるようである。

家族が集う場としてリビング、キッチン、和室は壁やドアを減らし、広々としたひとつの空間に。居心地の良さから自然と家族が集まり、会話や笑顔が増えていくことだろう。

センスを問われる美容師らしさが見え隠れする程よいデザインと機能性を備えた野村邸。

「当時は良い家=特徴的なもの、サプライズを仕掛けていかないと。そんな気持ちが強かった」と話す通り、今のDIP佐山さんからは思いもよらない、意欲にあふれたユニークなプランである。

  • 作品名

    遊び心をくすぐる家

  • 所在地

    栃木県宇都宮市

  • 家族構成

    ご夫婦、お子様2人

  • 居住年数

    10年

  • 延床面積・間取り

    36坪

  • 居住タイプ・構造

    木造2階建て

  • 価格

  • ご趣味

    自転車・アウトドア